口ベタ・話すのが苦手な人は喋らなければいいんだよ簡単じゃん。

よく聞く悩みですよね。

口ベタ
話すのが苦手

商談行ったりコンサルしたり講演したりする僕は話すのが得意と思われているフシがありますけどね。
逆逆。間逆です。

僕も口ベタで話すのが苦手で人見知りです。嘘じゃないよ。



そんな僕が人前で堂々とするためにしたことを書いてみますね。


1.喋らなければならないって気持ちをなくす
口ベタが悩むのは喋ろうとして上手く喋れないからじゃんか?
じゃあ喋らなければいいんだよ。
人の話を聞いたり、仕草を見たりしていればいい。
人は聞かされるより聞いて欲しい生き物だから聞いてあげたらいい。

あとあれだ、上手く喋れないのは口が下手なんじゃなくて情報のインプットが少ないだけなの。
ネタもないのに喋ろうとするから上手く行かないだけ。ツマンネー話をしちゃうだけ。

「話を聞く人になる」を徹底してればいつの間にかネタたっぷりになります。
友達も増えます。


2.知らない人に話しかける
これキツイでしょー。
バーとかで隣になった人に話しかけてみるんです(電車とかだと通報されるからやめようね)
ただね、コレがキツイと思うのも前述の通り「喋らなきゃ」「楽しませなきゃ」って義務でもないのに義務感を持ってるから。

これもやる事は同じです。
まずキッカケとして隣の知らない人とバーテンが話してる内容を聞いて、なんか共通点を見つけて話に乗っかってみる。
一声さえかけちゃえばあとは聞き役になる。
そんだけ。
楽しそうに聞きながらどんどんインプットしちゃいましょ。
友達も増えます。聞くのも楽しくなります。入り込むタイミングはだんだん分かるようになります大丈夫。

だから馴染みのバーを作るといいよ。
コミュニケーションの達人が仕切る空間にダラダラ居座れるようになれば、あとはどうとでもなるから。

「バーとか居座れないよ」って思ったでしょ?
ほら、またネタもないのに義務感で喋ろうとしてますよ。
バーテンの話を聞いてネタを仕入れましょ。
向こうは無敵コミュニケーションの連中なんで自分でなんかしようとしなくていいです。勝手になんか上手いようになります大丈夫。


3.まとめ
喋ろうとするから失敗する。
必死にカミカミでツマンネー話なんかしないで相手の話を聞こう。
堂々と聞こう。
聞く人がいて喋る人がいるってのが会話のコミュニケーションでしょ?
だからそれで成立してるの大丈夫。

つまり僕は堂々と喋れるようにしたんじゃなくて堂々と聞けるようにしたんです。
結果ネタ(引き出しとも言う)が増えて適切なタイミングでネタを投下出来るようになっただけ。



「そーゆーことじゃねぇんだよ」って人の事まではしらねーけど、これだけで激変する人はかなりの割合でいるはずですよ。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

KDDIウェブコミュニケーションズの外部顧問に就任しました

先日、開催されたKDDIウェブコミュニケーションズのWeb Creators Summit 2013にご参加いただいた皆さんありがとうございます。

Webクリエイターズサミット開演

ご参加いただいたかた、USTでご覧頂いたかたはご存じの通りですが、この度インターネットストラテジー代表の角掛が株式会社KDDIウェブコミュニケーションズの外部顧問団(通称:クリエイティブ顧問ズ)の一員として選ばれました。


元々複数の仕事をしている僕ですからいまさら誤解もないとは思いますが一応整理しておきます。
以下の事業は全て並行して行っています。
・インターネットストラテジー 代表
・(株)WOXコミュニケーションズ 取締役COO
・(株)Wittar 取締役副社長
・(株)KDDIウェブコミュニケーションズ 外部顧問


さて今回の件。「クリエイティブ顧問ズ」なんて言ってますがネタではなく本気です。
本当に真面目な名刺あります(真面目か?

角掛の顧問ズ名刺



●発表の様子

スクリーンに顧問ズが全員
※画像:cremaさん撮影

左から「住さん、角掛、佐分利さん、坂本さん、森田さん」です。
この5人が外部顧問団"俗称"クリエイティブ顧問ズです。


●控え室にて

顧問ズ取材
※画像:○さん撮影


メディア的に一切スルーされていると言う状態からツルカメ森田さんが渾身の一撃を出してくれたのでココは乗っておこうかと。



今回選任された経緯として簡単にまとめると
・今後Webサービスでの展開をより良くしたい。
・インハウスにおけるデメリットを解消したい。
・それに向けて外部の知見が欲しい。

このようなものがあります。


ひとつの組織にしばらくいると「入社時に感じた違和感が、いつの間にか当たり前の事になってしまう事」は多くあります。
「見えているはずが見えなくなって来てしまう事」これは僕も同じような経験を何度もしています。
このあたりをクリアに出来るのが外部顧問の存在意義ですね。
僕らにはその会社の事情なんてものは関係ありませんし、業界の慣習なんてものにも縛られません。
良いものは良い、悪いものは悪い。ただこれだけで動けます。


そんな僕たちはこれからKDDIウェブコミュニケーションズの外部顧問として外からの風を入れ込むべく活動をします。

「身内でキャッキャッ」と言われればそのままな感じもありますが、そこら辺はどう言われようとも今後KDDIウェブコミュニケーションズが提供するサービス品質が向上すれば、僕らの存在意義はあるものと思います。

クリエイティブ顧問ズとして目立つ活動をする事は特にありませんが、コソコソと裏でKDDIウェブコミュニケーションズが掲げる「超ラク」品質向上の手伝いをしていきます。


●発表会当日のUstream録画はこちらです。
僕らクリエイティブ顧問ズの出番は56分以降です。

http://www.ustream.tv/recorded/39668633



●顧問業務お請け出来ます

インターネットストラテジーでは今回のような
「外から見たアドバイスが欲しい」
「月に数時間定例会に出て欲しい」
「メールでちょこちょこ相談をしたい」

などの顧問業務をお請けしております。

専門分野はWebプロデュースですが、Web運営に関してのご相談、Webだけではない売上向上に関してのご相談、提供サービスのブラッシュアップ、チームビルディングなどであれば一通り対応可能です。
「なるほどなー」「その為だけに人を正式に雇用するのはなー」と言う方は、一度こちらの総合お問い合わせフォームからご相談下さい。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

猫カフェ Felisの副店長めぐ

突如「経営者になる!」と言って宇都宮に引っ越した友人、めぐが東京に遊びに来ると言うので、軽くお茶して近況を聞いてみたり。

猫カフェ Felis 副店長


レースクイーンだったり、モデルだったりな子が突然猫カフェの経営者に。

正直驚いたけど、まぁ楽しんでやってるみたいで安心。


話しの内容は既に経営者そのもの。
なんか妙なスゴミが出とる。
人間、半年でここまで経営者の顔になれるもんなんだろうか?
すげーな。うん。


まぁあれだ。ちゃんとメシ喰って少し太れよ?(笑)
応援してる。


■猫カフェ Felis
http://felis.co.jp/




大きな地図で見る





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

格差社会?

久しぶりに「格差社会」という言葉を思い出したのでメモ。


昨日、簡単にまとめると以下のような会話をしたのね。

俺「そのプロジェクト儲かりそうだから中枢に入れてくれ」
仲間「いーよー」
俺「ちょい株分けろ」
仲間「いーよー」

別に今大儲けウハウハー♪とかの話しじゃなくて、先々を予測して準備をしているワケだけど、ここで「一般的な人はこーゆー会話しないよな?」と思ったワケ。


で、こーゆー会話をしない人達が「格差社会〜〜!」と言うのだろうな。と。


俺が何をしているか分析してみた。

1.価値ある人脈作り(人脈というより仲間かな?)
2.相手を信用し相手から信用される事
3.チャンスの見極め
4.忍耐力
5.行動力


別にね、みんなが会社経営者である必要はないと思うのよ。
この程度のチャンス、自分が経営者じゃなくても世の中にはゴロゴロ転がってる。
で、決め手は「行動力」ありきなのかな?と。


現状を嘆くヒマがあったら、今行動すればいい。


自分が動けば何かが変わる。
マイナス思考は何も生まない。


プラス思考で前に進もう。


結果あなたの未来が明るかろうが暗かろうが僕の知った事ではありませんが(笑)

ただ何かは変わるはず。


せっかく生きてんだから、楽しくやろうぜ。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

中古車屋の無責任な発言

コンサル業から見ると、飛び上がるほど強烈な無責任発言に出くわしたので軽くメモ。
経営に関わってる人から見たら笑っちゃうと思う。


さて・・・

歩いて行ける近所のバイク屋に冷やかしでバイクを見に行ったんですよ。
※バイクはあるので買う気なんてないし、馴染みのバイク屋もあるんで。
冷やかし.....と言ってもバイクを見るの事も好きなので、バカにしに行ってるワケではなくニコニコ見学です。


で、ふと目にとまったバイク。


おお、こいつはカッコイイ♪


見とれていると店員さんが「エンジンかけますか?」と言ってきたので「じゃあお願いします」と。


グボボボボボボボボボ!



爆音すぎ!
これ、車検とおらねぇよ!!
つーか、道で捕まるよ!!!


で、聞いてみる。

俺「これ、車検通りませんよね?」
店「これじゃあ通りませんね」
俺「じゃあどうするの?検切れだし」
店「うちの在庫車に着いてる純正マフラーで通します」
俺「なるほど。で、次の車検は?」
店「またウチにお持ち下さい」
俺「こーゆーのもなんだけど、その時お店なかったらどーするの?」
店「うちは大丈夫です!」
俺「・・・・・・・・・何が大丈夫なの?」←呆れ
店「うちの会社は潰れませんから!」
俺「どうして?」
店「きちんと利益出てますから!」
俺「それは今の話しであって、2年後についても根拠がある話ですか?」
店「もちろんです!」
俺「そこまでの情報を社員に開示する会社なんですか?」
店「・・・いえ」
俺「あなたの会社の経営陣はエスパーですか?」
店「でも大丈夫です!安心してください!」 ←答えになってない
俺「おたくでは絶対買いません。特にあなたからは買いません。安心してください。」


・・・・・・・・・まぁこんな会話でした。


会社はいつ潰れるかわからない。

むしろ簡単に潰れる。

経営陣が予測不能な自体はいつでも起きる。

経営陣は予測しつつ、社員には伝えないなんてのはザラ。
※まだ行けると思いこんでるのもザラ(笑)

翌朝社員が会社行ったら張り紙ヒトツなんて話もよくある。


まぁ要所要所の話は経営者的な視点の話なので、まぁどうでもいい。
アホな社員の戯れ言にビックリしただけ。
そして俺はこの会社にだけは絶対関わらないようにしようと思った。
これ正解。


でもね。
普通のお客さん(特に若い子とか)にも似たような事言ってると思うのよ。


あまりにも無責任すぎないか?


俺が何も知らない若い子で、この話を鵜呑みにして「2年乗ったー、はい車検」「あ。店がねぇ。」ってなったらどーすんのさ?

ショックだよ?

大人嫌いになるよ?


ただでさえ中古の乗り物屋さんはインチキチンピラ扱いされてんのに、自らインチキ臭い語り入れてどうするのよ。。。。

これだから、この業界はいつもインチキ扱いされて、働くスタッフは親からもチンピラ扱いされる。

※実際俺は親から「中古車屋勤務なんて恥ずかしい!」と言われました。
幸い俺は、勤めた中古車屋で人に恥ずべき事は一切してませんし「売るために何かを隠したり騙しっぽい言葉を使ったらぶっ飛ばす」と先輩に指導されてました。
いい会社です。



もっとさー、健全にやろうよ。

お客を騙すのやめようよ。

頼むから、インチキイメージから脱却して下さいよ。

それだけで中古車業界の活性化に繋がるとは思えないの?

んはーーーー。その人がその会社に骨を埋めるつもりはないと思うけどさ。
目先の一台より年間の売上と粗利で見ませんか?
ただ売れた実績じゃなくて、本当の顧客を作りませんか?
そのほうが会社にとっても自分にとってもプラスでしょうに。



て驚いて愚痴ってもしょうがないので、「俺ならこうする!」ネタ。

「今回は通して納車するよー」
「次もうちで出来るけど、もし会社がなくなったら....って事もある」
「だからヤフオクで純正マフラー買っておきなよ」
「なんなら安い中古マフラー探すの手伝ってあげようか?」

この位しておきなさいと。
「会社がなくなるかも」ってネガなトークを商談中に出したくはないけど、仕方ないでしょ。
ただ前述のように対応策はあるワケで、それをキチンと提示してあげれば好感度は上がると思うのよ。

つーか単純に誠意です。

商売でもなんでも全ては人との関わりで成り立ってるワケです。
それならやはり無責任な言動は控えたいし、リスクがあるのであれば、それは先にきちんと話しておくべきだと僕は思うワケです。
それが「NG」とされる社風であれば企業寿命は恐ろしく短くなるでしょう。


みんな真面目にやりましょうよ。


とまぁ、こんな当たり前の事を再考するきっかけをくれたあの店員にも感謝か。
変な感謝だけど。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

コンサルタント業爆走中

普通?のWEB屋から、デジトップの顧問としてコンサルタント事業を始め、半年以上。


この経験を活かして、今度はWox Communicationsの顧問に就任しました。
※デジトップの顧問も継続中です。


コンサル業の面白さに毎日シビれております。


俺の経験と知恵。
お役に立てる部分はバシバシ切り売りします(笑)
なんせ在庫切れはしませんので。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

スーツ装着?

久しぶりにスーツで商談へ。


着てるだけで疲れる(~Д~;)








だってこの人がスーツで商談行くって言うんだもん。



ナニワ金融道の桑田さん...ではない。



なんかスーツが基本みたいなんだもん。この人。



ナニワ金融道の桑田さん...ではない。



この人がそう言うんじゃさぁ.....



ナニワ金融道の桑田さん...ではない。



合わせないワケにも行かないじゃない?



ナニワ金融道の桑田さん...ではない。



だってこの人だょ?



ナニワ金融道の桑田さん...ではない。




顧問の僕だけがこんな私服ってワケにも行かないじゃない。



つのかけ



まったく.....ブツブツ。。。
※いま「こいつ自分の写真だけ....きたねぇヤツだ」と言う声が聞こえて来ました。



ちなみに商談後、ココの人からお電話を頂きましたが......



ヤクザではない....



なかった事にして、今日は寝ようと思います。
うん、やっぱ寝ようと思います。







【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

コンサルタントとは?

コンサルタントは闇に隠れてコッソリ。。。。



忍者であるべきだ!



そして社内のスタッフからは嫌われるべきだ。

社長への求心力が落ちて、コンサルタントへの求心力が上がってしまっては、社内のパワーバランスはガタガタになる。


で、僕的なコンサルタント業のまとめ。

・外部(顧客)に対しては忍者として、社内を裏から調整し業務をスムーズにする。
・内部(社内)に対しては、外敵としての立場を通し、社内の団結を強める。
 ・向上心を持って反抗してくれれば尚良し。
・社長に対しては、親友&真のビジネスパートナーとして真剣に相談に乗る。


結果、
スムーズな業務遂行、社長を含めた社内の団結力向上。
社長が一人でお腹を痛くする部分でのお薬役。

で、収益の向上と信頼(ブランド)の向上を目指すと。


今のところの方針はコレです。
本当に合ってるのかわからないけど、まずはこれでやってみます。







【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー