僕ら役員が面接で見ていることって公開すると役に立ちますかね?

もしかしたら職を探している人に役立つかもしれないから書いてみよう。



求職者からするとドッキドキかもしれない役員面接の担当者ですよ。
僕が取締役だからね。

まぁウチみたいなちっさな会社だと最初から役員面接なんだけど、それって最初からハードルつーか、緊張とかするのかもね。よくわかんねーけど。


で、本題。
僕らが役員としての立場で重点的に見ているところ。

・表情と声に力があるか
・こちらの目をまっすぐ見て話が出来るか
・出来ること出来ないことがハッキリ言えるか
・将来なりたい自分像があるか


だいたいこんなもんです。

今の自分に自信を持って誠実に伝えようとしている事や、自分自身の現状分析、進みたい道が見えているかどうかってのをじっくり見てます。


やたらと難しい言葉を並べた格好良さそうな回答とか求めてないです。
すぐに何かの成果を出しまくれるとも思ってないです。
あと履歴書はあんまよく見てないです。

難しい話とか頭が疲れるし、履歴書をたくさん読むのも疲れるんだよね。


余談だけど接続詞が「あー」とか「えー」とかは超絶イライラするからマジやめてね。
スラスラ話せなくていいから丁寧に。
間が埋まらなかったらその間は深呼吸でもしてちょうだい。
「やー、緊張しちゃって」とか言ってもいいし。


面接官だとか役員だとか言っても相手は同じ人間だから、普通にあなたの事を聞かせて欲しいと思ってます。

僕らは「この人を採用して良かった!」って思いたいし、採用した人には「ここで働けて良かった」って思ってもらいたいだけなんですよ。

インチキ詐欺セールスマンみたいな饒舌なトークとかまったく求めてないから、ぜひ普通に(礼儀とかマナーみたいなのはまぁまぁちゃんとしてね)話して欲しいです。

普通でいいんですよ。普通で。
難しいことはナシで行こうよ。お互い疲れちゃうじゃん。


クソみたいに普通のことしか書いてないけどこれが真実ですよ。
あとね、面接ってマッチングだからさ。
必勝法とかマジないです。

さぁさぁ小細工なんかやめてドーンと行こう。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

これから起業したい人へ伝えたいこと

とってもまともな記事を読んだので触発されて書いてみよう。


これから起業したい人へ伝えたいこと

起業してから14期目になりました。
そろそろ先輩風吹かせても…いい…よね?




気をつけたほうが良いことってのは先輩経営者達が直接言ってくれたり、ネットで見たりするでしょう。

でも実際に始めたら全部忘れちゃって、失敗してから「あーこれのことかぁ」って思うだけなので気にしなくていいです。

俺のことだけどな。

「自分は違う」「謙虚にできる」うん、よっぽどの人格者じゃなきゃ無理なんだ。諦めよう。

謙虚で礼儀正しくてスキルも経験も勢いもないヤツなんて見てて楽しくないよ。


起業したてなんてハッタリ上等。
やれるだけガンガン行けばいいよ。
周りは「んー気張ってるねぇ〜」って生暖かく見守ってくれます(スルーとも言うし、過去の自分を見ているようで気恥ずかしかったりもする)


大人的な振る舞いは段々身につくから大丈夫。
たまーに怪我するかもしれないけどそれもまた勉強。


とにかくだ。
若さでの起業はパワーで勝負。
スキルも経験もないならパワーで戦うしかないじゃない。
細かいことは気にせずガンガンやったらいいと思うよ。


ただ1つだけ言わせてもらうとホ◯エモンとかあーゆー類の人を見て「よし俺も」って思って起業するのはやめたほうがいい。
あの手の人は圧倒的な天才なので、どうあがいてもあーはなれない。近づけもしない。
「お前が凡人だからってやっかむな」って言われたらそれまでなんだけど、そんじゃお前はどんだけ天才なのかと。
キチガイじみた天才はこんな場末のBlogなんか読む暇もなくとんでもない大金稼いでるよ。間違いなく。

あと本は読め。たくさん読め。
オススメの本は他人に聞くな。数うってけば今の自分にぴったりな本の選び方も分かってくるよ。

あ、2つ言っちゃった。
まぁいいや。俺に責任がある話でもねーしな。

まぁあれだ。応援しないから頑張って。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

結婚式での友人スピーチは怖くない!

良く考えなくてもいい。

いや、考えたほうがいい。

ん〜、どっちだ。


まぁ考えた方がいい。


さて、先日友人の結婚式にて人生初の友人代表スピーチを依頼された角掛です。

初めてですよ、初めて。

笑顔で快諾したものの「マジヤベー!」状態。


そんな僕の経験談をまとめておこうと思います。





まず状況を説明しますね。

関係→CEOの結婚式、僕の立場はCOO
来場者→取引先やら経営者やら多数

オイマジやべぇ!
友人つーか会社の代表スピーチじゃんか!
ミスったら会社にも損害がある。←ゲスな事も考える


■こんな中でする事
1.amazonへダッシュしスピーチ本を購入 結婚式・二次会 友人・同僚のスピーチ for Men
2.スピーチの流れを理解する
3.PCに向かう
3.フォーマット的挨拶を始まりと終わりに書く
4.新郎を褒めちぎるエピソード的な事を間に書く(ここが本題らしい)
5.原稿を暗記する

■準備をばっちりしてみようと思った
1.どうにも暗記出来ない...
2.革製のバインダーを購入し原稿をクリップ!
3.あとは当日を待つ

■当日
1.「とにかく祝いたい」と心から思う
2.でもミスは出来ないと原稿を読み直す

いざ出番
1.原稿に心がこもってない事に気がつく
2.始まりはきちんと挨拶をして後は原稿無視で祝いまくる
3.終わりの挨拶をする


■なぜこうなったのか
実際その場に行くと、「とにかく心からお祝いしたい」と言う気持ちが強くなります。
その現場にいずにPCの前でウンウン考えた原稿なんてのはおべんちゃらのクソトークです。
こもってると思った心が実際はこもってない。
なんかもう原稿の内容を思い出すだけでムカつく。

そんなん僕を信頼してスピーチを頼んでくれた友人に対して失礼ですわ。

てなワケで、マイクを持った瞬間に
「原稿は書いてきました。でも読みません」宣言。



あとはもう思うがままに出会いから新郎に対して思って来た事、今日のお祝い、新婦へのお祝いと伝えたい事。
「とにかく俺は嬉しいんだ」「おいお前らめでてぇな!」とベラベラ喋りまくりです。
正直何を喋ったのか8割は覚えてない。
セミナーでもないからアンケート的な結果も分からない。

でも新郎新婦は喜んでくれた。
新郎新婦のお父さんお母さんも喜んでくれた。(と、思う)





ならいーじゃん!

フリースタイルバトルだよ。(バトルではない)

考えすぎは棒読みの心ないスピーチになる。

実際にやってみて大事な事は「失敗しない事」じゃなくて「とにかく本気で相手を祝う事」と気付きを得ました。
※そんなもんやる前に気づけよ。


目的を忘れるとか、俺の職業プロデューサーでコンサルだろが!
アホーアホー。


■優しいオッサン達が助けてくれる
スピーチをする場所は新郎新婦の横。
目の前には主賓席があります。
主賓席には当然こーゆー場を多く経験した先輩達。
空気を読んでサポートしてくれます。

僕の髪はバリカンで二本ラインを入れてあるのですが、「おい!頭に線入ってんぞ!」と言って会場を温めてくれたり、スピーチ中に聞こえる声で「スピーチ上手だなぁ」と言ってくれたりしました。

誰しも初めての時と言うのはあるので、先輩達はそれを理解してフォローしてくれます。


つまりね、頑張って前に立つまで行ければ後はオッサン達がスマートにフォローしてくれます。
僕らはそれにノッて「とにかく祝いたいんだ」と言う気持ちを言葉にして伝えるだけです。
本に書いてあって役に立ったのは話の流れとご挨拶のフォーマットだけです。


内容なんかその場でなんとかなる!



僕のスピーチが100点だったのか?と言えば、間違いなく100点ではないでしょう。
スマートでもないでしょう。
でも「主役の新郎新婦が喜んでくれた」と言う事実さえあれば問題ないじゃんか。



これから初めて結婚式での友人スピーチをする人達に伝えます。


気持ちを込めてりゃあとはなんとかなる!

先輩達は優しい!






大竹君、桃子さん、素晴らしい式でした。
本当におめでとう。
お前ら、どっちかが棺桶入るまで添い遂げろよボケ!!





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

テニス用品店オープンしたの

自社運営ショップ第二号!


テニス用品店の「テニスギア」が今日オープンしましたよ。


テニスギア


http://www.tennis-gear.jp/


スタートでいきなりの商品点数1496点と結構な大規模ショップです。


いやぁ〜〜〜、スタッフみんなお疲れさん!!


一段落.....と見せかけて.....

カード決済の導入やら、追加商品やら引き続き作業は山盛りですねぇ(汗)


ま、スタートは切れた!
さー行くぞ!!





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

とことん青森MAX(明治神宮)

おっと気がついたらBlogの更新が滞ってました。

最近、とても残念な事に仕事ばっかりしてるみたいです。


まぁ仕事って言ってもね、僕は最近「会社」という場所にちょいちょい行ってまして、そんな中での楽しみもあるワケですょ。


つい先日、会社の近く「明治神宮」にて「とことん青森MAX」というイベントをやっていたので、ランチも兼ねてスタッフ数人と行ってみました。

立ちねぶた
五所川原の立ちねぶたがドカーンそびえ立っていましたが......


目当ては当然食い物です(笑)


各地の名物がザザーッと並ぶワケですよ。
4回も青森行ってるのに食べた事がないものも沢山。


スタッフと手分けして各ブースに並び、多くの種類を買い込む(笑)

大間まぐろバーガー
大間まぐろバーガー

青森ご飯尽くし
食い尽くされた青森


いやー、美味かった。
やっぱ青森ってのは美味しい食べ物が沢山だ。


イベント自体は僕の予想より遙かに盛り上がってました。
これ、イベントとしては成功なんじゃないかな?

この先、青森がガツンと盛り上がりますよーに。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

ECの会社に行き始めて一ヶ月

今やっている2事業に追加で、新たに取締役COOに就任したECの会社、WOXコミュニケーションズ

ちょうど丸一ヶ月たったので振り返ってみます。


●席替え
ガシガシ席替えをして、俺の席が完成。
まぁ立場上、スタッフを見渡す方向になってます。
※「スタッフの管理」というよりは、「機密情報」のチラ見対策です。




●会社のベランダから見る夕日



を、ワラワラ集まって撮影しまくるスタッフ(笑)




●スタッフとフリークライミング



ハングきっつー!


●スタッフとその家族を交えての森林浴ランチ






●スタッフと神宮の打ちっ放しへ




●バンドをやっているスタッフのライブへ




●スタッフとゴルフへ










●スタッフと観劇会をして軽く飲み会。




●スタッフも交えてラフティングへ









ラフティング後のバーベキュー




これが取締役就任の7月1日から31日までの一ヶ月。

・・・あれ?
遊んでばっかり?

まぁ昼間はきちんと働いてます。
キーワードは「良く働き良く遊べ!」
「プライベートが充実している人間は、仕事も充実している」
どちらかが片手落ちではその人が持つ本来のパワーは発揮出来ない。

みんな、なんでも話せばいいし、どんな遊びをしてもいい。
ただ、つまらない人生は送って欲しくない。


ちなみに誤解のないように言っておきますが、就業時間外の遊びに取締役がスタッフを誘う事は禁止としています。
上司に言われてシブシブ参加なんてダサいよ。
呑みニケーションを強要とか死ねばイイ。
スタッフ達は上司が会社で話していた遊びの内容に興味があれば「参加したい」と言いますし、スタッフから上司へ遊びのお誘いをしてくれます。

コミュニケーションは強要した時点でコミュニケーションとして成立していない。
※強要のつもりがなくても上司からのお誘いって脅迫感あるよね?


サザエさん症候群とかもクソくらえ!
リフレッシュした顔で月曜日から元気に仕事しよう!


明日からは順次新しいスタッフを迎え、今月中にWOX comは総勢11人の会社になります。

また新たな風を楽しみにしています。



あ、17時か18時には帰ってもらうので、9時か10時には出勤してね?
明日から業務7時間+休憩1時間ですからね。


就労環境全般と人間関係を円滑にし、効率を上げる事で業績を向上させるのがCOOである僕の仕事です。

あとはケツ持ちね(笑)
最終責任は経営陣が持つから、みんなはガンガン思うように働いてくれればヨシ。


さぁ、楽しんで行こうぜ!





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

オシゴトが増えます。

社内での通達は完了したので、皆様にご報告を。


角掛健志は7月1日から(株)Wox Communicationsの取締役COOに就任する事となりました。


WOX


今まではこの会社に「顧問」というカタチで出社もせず口だけ出しながら在籍していましたが、これからはCOOと言う仕事柄、週の半分くらいは神宮前の会社にいるようになります。


7月1日からの事業としては以下の通りで、3足のワラジを履いた状態となります。

Internet Strategy:代表
Wittar:取締役 副社長
Wox Communications:取締役 COO


多少忙しくはなりますが、自由度は下がりません。
よって、今現在お取引のあるお客様との関係性や連絡先等に変更はありませんのでご安心下さい。
どこに在籍しようと「角掛健志」という存在は変わりません。



お約束する事は以下の通りです。

1.お客様に、より良いサービスの提供を。
・より良いサービスとは、提供サービスの高度化だけではなく、安定した企業として、サービスを安定供給する事も含まれます。
2.スタッフに、より良い労働環境と体験、喜び、楽しみの提供を。
3.業界内外へ、より多くの情報発信。
4.角掛自身が今までよりもっと楽しそうに動き回ります。



まぁ堅苦しいのも似合わないんで、ここらでやめときますが(笑)
今までよりもっと前に進みますよ。僕は。
手抜き人生なんかまっぴらご免。
常に刺激を求めて爆走します。



近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。
ケータイに電話くれればOKです。
■アクセスマップはこちらへ



お付き合いいただいている皆さんは、僕がこんな暴走野郎だってのは百も承知だと思いますが(笑)
この先もヒトツよろしくお願いします。
※本人はこれでもきちんと考えて行動しているつもりのようです(笑)

今後も、私個人や私たちと関係する皆様がハッピーになれるよう努めます。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

仲間の結婚式へ

一緒に会社をやっている仲間、林の結婚式へ。


もやしけっこん
↑このボードはWoxの山田さんからの手書きプレゼントです
(心こもってるね♪)




ほんとこの新郎新婦はいいコンビだよ。

きっと普段は笑いが絶えず、辛いときも一緒に踏ん張れる夫婦だろうね。
強い夫婦。


ちなみにこの二人の毒舌は強烈で、一緒に呑んでると俺が負けっぱなしになる恐怖(笑)



式もとてもよかった。

世の中に数あるイベントや出来事の中で、その場にいる全員が「おめでとう」と幸せを心から祝える機会って少ないよね。

そんな場で仲間を心から祝福できた事が嬉しい俺。


もやしけっこん2


二人とも、本当におめでとう。
末永くお幸せに。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

写真撮影

本日はクライアントのお店に行って

・店舗のイメージ写真撮影
・商品撮影のアドバイス

を一日がかりでやってきました。


なんとWittarにはカメラマンがいます。


もちろん俺は最初の指示を出した以降は、みんなの邪魔をしていただけ。


写真撮影2

写真撮影1

店と商品のコンセプトが完璧に決まっているので、すごくわかりやすい。
こーゆー所はもっとどんどん露出しないとね。


いいサイト、作らせていただきます!!



カメラマンのクソバカは1時間も遅刻しやがったので、今度歌舞伎町で死んでいただきます。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

Wittarついに本格稼働!

ジメチコートオイルの販売とか、色々コソコソやってた会社。
株式会社Wittarのサイトがついにオープン(遅)


Wittar


ちなみにWeb制作会社ではありません。
Webの企画とコンサルティングだけの会社です。


Webサイトできちんと利益を出すためには「企画と設計」が命です。
企画と設計(+ディレクション)さえきちんと出来ていれば、あとはどこに制作を依頼したって正直大差ないです。

違いは絵が上手い、下手くらいのもんです。


簡単に言うと、プラモデル。

売れる形のプラモデルを企画し、部品構成を考え、組み立て説明書を作る。
で、市場に投入。

売れる"もの"を売れる"よう"に市場に投入すれば売れますわ。
モノは説明書通りに作れば「はい出来上がり」

基本設計以上のモノが欲しければ、それなりの職人に頼めばいいし、基本設計で十分なら並の職人の頼めばいい。


これでクライアントの予算組みも楽になりますね。


制作職人も説明書に従って作ればいいので気楽。



これを"家を建てる"に置き換えると、また分かりやすくて
「土地探し〜企画〜設計〜制作してる大工なんかいない」
ってとこかと。



俺は独立してからずっと企画と設計しかしていないので、未だにHTMLすらロクに書けません。
でも書けなくていいんです。


僕は企画と設計に命賭けてますから。


と言うことで、今後はInternet StrategyだけでなくWittarもよろしくです。



同業他社に対して挑発的に見えますが、そんな小さい話じゃなくて市場に対する挑発です。

ウチが今考えるクラアント企業のメリットを追及したサービス達。

どうぞ生暖かく見守って下さいな。

普通じゃツマンネーんだよ。普通じゃ。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー