使わなくなったG-SHOCKを息子に渡した

家の物を整理してたらハタチくらいのころに使ってたG-SHOCKが出てきました。

当たり前だけど電池切れで表示はナシ。
息子に「これ使うか?」って聞いたら「使う!」ってことだったのでドンキで電池買ってきて交換。

初めてバラしたけどG-SHOCKってよく出来てるなぁ。

電池を入れた状態では表示が着かず「さすがに壊れてる?」って思ったけど、外装にはめてネジを締めこんだら表示された!



国産てすげえ!
時刻合わせをして息子に「はいどーぞ」
世界一頑丈な時計って響きは子供に魅力的らしい。


もちろん俺にも魅力的な響きでして



アウトドアな遊びには全てG-SHOCKで行きます。
サバゲで弾が当たっても割れないし、カヤックで沈しても水没しないし、クライミングでぶつけてもOK。

カシオってすごいなぁ。


てなことで、親子揃ってG-SHOCKに。



さすがに20年落ちはボロ…いな(笑)
俺の黒いほうもたいがいボロいけど。

まー、とにかく頑丈ってのは男心をくすぐりますな。








【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

病院で実際の手続きを見たら民間の医療保険は不要と思った。



年始早々こんな所に来まして


480PXテスト

こんなもの見ながら手術と入院の手続きとかね。知ってはいたけど改めて高額医療費制度のコレを見ると激安だねぇ。
手術してガッツリ入院しても一般的な収入の人なら月額上限8〜5万円くらいで済むわけだよ。
なんだかんだいいながら日本はいい国だと思います。

あと「キャッシュが150万円とか200万円くらいあれば民間の医療保険は不要」って話も間違いなさそうだなぁ。とか考えたり。
本当に民間の医療保険が必要な人って、この"キャッシュが用意出来ない以外"だとどんな人なんだろう??

今回初めてスマホのjugemアプリからBlogを更新してみました。
これはお手軽で便利ですねぇ。
あと、入院は僕じゃないです。

【追記】アプリから画像アップロードすると書類関係は読めなくなっちゃうなぁ。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

子供のケンカについて思うこと

今日の記事は子供のケンカについて思うこと。
これは一人の父親として勝手に考えていることであって、「社会的にどうだ?」とか「問題定義」的なものでもなく、自分の思考整理記事です。

他人が読んでもきっとなんの足しにもならないと思うのでご了承を。



まず、僕自身は子供の頃父親に言われて来た事があります。

「ケンカなんていくらでもしろ」

ただし条件があって、それは以下の3点
1.弱いヤツに手は出すな
2.女には手を上げるな
3.自分から先に手を出すな

つまり「ただの乱暴者にはなるな。ただし売られたケンカは買え」と言う事ですね。


早くに亡くなってしまったのであまり長く一緒にはいられませんでしたが、強くて優しい男だったと記憶しています。
この考え方は40歳が見えて来た今でも僕の中に根付いていて、それが変わる事はありません。


まぁ人間なんて不完全なもので途中途中で粗暴な感じにはなってしまうワケですが、1と2だけは確実に守ってきています。3は...ね....ごめんなさいね。



でだ。

子供のケンカ、つまり自分の息子にもこの考え方は伝えています。
「ケンカはいくらしても構わないけど、3つの条件だけは守れ」と。

ただこの考え方は社会的に認められることではないらしい。
一般的ではないと言うことなのかな? 正直よくわからない。


世の大人は「手を出す前に話し合え」って言うよね。

そりゃあ話し合いでカタがついたら平和だわ。

だとは思うけど、現実はどうだ?
突然攻撃してくるヤツなんかどこにでもいる。
ウチの息子だってしているかもしれない(信じてやりたい所だけど自分の過去を照らし合わせて)


当事者同士の話し合いで物事が全て解決するんだとしたら世界中で今もしている戦争はなぜ起きる?
毎日、世界中の裁判所で行われている裁判は?

と...話が逸れましたねスミマセン。

えーと、だ。
もし急に蹴りを入れられたとして「話し合おう」とか言うか?普通。

もう遅いよ、ケンカは始まってんだ。
そこで尻尾丸めたら舐められて終わり。
売られたケンカは買えばいい。逃げずに徹底的にやればいい。
その結果何か大きな問題が起きたとすれば、保護者としての責任は取る。


「その状態から話し合うのは無理だろう?」と言えば「周りの大人に相談しろ」と言う。
それさ、いわゆるチクリだよね?
子供の社会では絶対的に嫌われる行為だし、余計に舐められるんじゃないの?
逃げてチクるのが男としてカッコイイかと言えば、あんまカッコよくねぇな。って思う。
※そうしなければならない人やタイミングももちろんあると思うよ。


ただまぁアレだ。男ってのはカッコ付けてナンボだろ。
※女から見るとしょうもない事らしいけど、男にとっては大事なことだ。

徒党を組んで少人数相手にケンカするヤツ、道具持ってケンカするヤツ、女に手を上げるヤツ、弱いヤツに手を出すヤツ、急に先制攻撃をするヤツ。
どいつもこいつも男らしくない。クソだせぇ。

やるんなら正々堂々、正面からやればいい。
だせぇ真似はするな。


やられたら痛い。
やったほうも痛い。

勝ったら嬉しいけど微妙な気持ち。
負けたらもちろん悔しい。



こーゆーのをね、力の弱い子供のウチに経験して欲しいと思うんです。
相手の痛みを知るには自分が痛い目にあってみないと分からない。
人間の創造力なんてそれほど豊かではないんだから。

やってみて、お互いの痛みが分かった上でこそ本当に相手を思いやる人間に育つんじゃないかなぁ?と思うワケです。

社会的にどうだこうだは知らないけど、オレは息子に人の痛み(身体・心どちらも)をリアルに知る大人になって欲しいと思う。
分かるからこそ思いやれる人間になって欲しい。


だから誰にどう言われようと、息子が卑怯な真似をしていない限りケンカごときでオレが息子を叱ることは今後もない。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

ゴールデンウィークまとめ

今年のG.Wはぶつ切りの連休に加えて雨がちょいちょい降りやがりましてね。
僕が17歳の頃からやってるバイクチームの恒例ツーリングも行けずにですね。

なんとも消化不良だったな〜とか思ってたんですが、写真を見てみると「あれ?結構色々やったなぁ」と。




■来年から小学生になる息子に部屋を与えるというミッション

小学生になるって事は、そろそろ一緒にベタベタ寝るのもやめて行く必要があるなって事で子供部屋を作りました。
正直に言えば僕は息子と同じ布団で寝ていたいのですが、息子の将来に悪い影響がありそうなんで...

息子に与えた部屋は3畳と言う極狭な部屋なので「市販のベッドはヤバイ」と言う事で嫁さんの手作りです。
※ウチは嫁さんが元大工なのでこーゆー作業は全て嫁さんの仕事です。


息子のベッド

市販サイズより幅を詰めて製作したロフトベッド。


息子のデスク

ベッド下にデスクを作り、座椅子を置いてやりました。
前から与えてはいたものの、なんとなく放置されていたMacもデスクに設置。
※僕のお下がりiBook G4です。


日当たりもよく、快適そうな部屋になりました。
息子も気に入った様子で、初日から1人で寝るチャレンジに成功。

ちょっとお父さん寂しいよ....



■車の整備

「四駆なんて頑丈なんだから適当に乗っておけばいーんだよ」と思っていましたが、燃費がリッター5kmを切ると言う異常な事態になって来たのでメンテです。
※頑丈なのはフレームの話だろうが...と。


エスクード燃費向上

エンジン、トランスファー、前後デフのオイルを交換しました。
300kmで貧乏ランプだった車が急激に復活(笑)
まだガスが半分弱残ってるよ。
1万キロオイル無交換だったとか内緒です。。。


エスクードワイトレ外し

6月には車検も控えているのでワイドトレッドスペーサーを外します。
ついでにクーラントとパワステフルードの交換、ドラムブレーキのメンテ、錆びて朽ち果てそうなマフラーを耐熱塗料でキレイにしたフリ。
うん、これで光軸だけ出せば車検もOKね。


■男同士で遊びに行く

たまには息子と男同士で遊びに行きます。
と言っても河川敷にラジコンしに行ったくらいですけどね。

エスクード掃除?

なんか車の掃除的な事をする息子。


■航空科学博物館に行く

飛行機大好きな息子。
千葉の実家へ帰ったついでに、成田の航空科学博物館に連れて行きました。


ヘリコプター!

間近で見られる飛行機やヘリ!


ヘリの操縦席

なんと操縦席にも乗れます。


ここは男同士で大興奮(笑)
すっげー楽しかった。ここは男の子を持つ親には是非お勧め。


■クライミング

ケガと病気で少し遠のいていたクライミングに復活しました。

クライミング

1月に行ったきりだったので、全然身体が動かない。
体重増加、筋力低下、柔軟性低下でまるでダメダメ。

一応ボルダリング・トップロープ・リードと一通りやったけど、穴があったら入りたい位のレベル。
出来た事が出来なくなるってのはショックなので、もっぺんやり直しで元のグレードまで戻します。。。




なんか結構色々してるよね。
なんだかんだ充実してたのかな?と。

ただバイクに乗れなかった事だけが悔やまれる...と言うか僕の休暇とバイクってのは切り離せないもののようです。
まぁしばらく良い季節ですから、近いうちにリベンジツーリング行きます。


Z1000整備!

連休に向けて整備もしたのにね。
↑まだ言ってる。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

息子、初めてのスキー

正月休みに家族でスキーに行って来ました。
息子にとっては初めてのスキー。

ワクワクしつつ親としては「楽しんでくれるかな?」ドキドキもする(笑)

スキー自体がどうでも、このスキー旅行が楽しかったと思ってくれれば親としては大満足。

はてさて。


行き先は山田牧場という山深いスキー場。

●山田牧場オフィシャルサイト

大きな地図で見る


おばーちゃん(つまり僕の母親です)と一緒に、インチキエスクードでいざ初雪山へ!



このエスクードでは初めての雪道だと言うのに、いきなり吹雪の洗礼(笑)

一応ゲレンデにも行きましたが、あまりの寒さにすぐ撤退。
目出し帽がないと無理なレベル。


さて、翌日。



おう....マジカ!



タイヤはスタッドレスではなく、YOKOHAMAのM/Tタイヤです。
一応スノー対応なので、アイスバーン以外はのんびり走れば噛みます。
※バスにまで道譲ったけどなw



マイナス9℃ってマジすか?
このあと、15時の段階でもマイナス7℃でした。



寒いけど快晴!
雪だるまも作れないパウダースノー!
素晴らしい。

僕は息子とアンザイレンするためにザイルを体に巻いています、不気味です。
山に登りにきたようです。



とりあえず板を履かせてみる。
歩く練習を....と思ったら既に歩いてる!
やるな、お前。





キッズゲレンデにてシューっと滑る練習。
とりあえず真っ直ぐ滑るのと転んで止まるのは恐怖なく出来るらしい。
むむむ....思ったよりこいつ出来るぞ?



じゃあ...って事でリフトに乗り上まで行く。



初心者コースとは言え、コースから転落されたら困るのでアンザイレンにて。
何度か転んで足を絡ませたものの、楽しそうに滑ってた♪
おお、お父さん嬉しいぞ。

何本か滑った所で疲れてしまったので、飽き飽きする前に撤退!
※たぶん子供に「また行きたい」と思わせるコツです。



運動後、笑顔でご飯。



お前牛乳好きだな......



カフェオレでかっ!



俺の装備一部。
完全に山登りに来てますねw

ちなみにバーサンはブラックダイアモンドのグローブとモンベルのウェアでした。
息子はコロンビアのウェア。
アホですね。


ご飯を喰いまくって、いざ帰宅。
雪の峠道を慎重に下り、高速でビューン。
高速の途中で嫁に運転を代わってもらい、あとの記憶はゼロです。
お父さんは役目を果たしました。はい。


いやーどうなるかと思ったけど、息子はまたスキーに行きたいと行ってるし大成功かな?


次はちゃんと止まり方と曲がり方を教えてやろう。
一緒にパークでトリックとかして遊べるようになるとイイなぁ。






【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

息子が自転車に乗れた日

5歳の息子は補助輪の付いた自転車にしか乗れませんでした。

でも、先日「補助輪を外して欲しい」と急に言い出したので補助輪を外してやりました。

が......その後「練習したい」と言わないのでそのまま放置。



それが今日は「自転車の練習がしたい!」と笑顔で言うので、広い所がいいだろうと車に自転車を積んで秋が瀬公園へ。


この公園は本当に広くてとてもよく整備されているので、色んな遊びに最適。
暴走族がコールを切る練習もしています(笑)






一応ちょっと手で支えてやって
「一足漕ぐ」→「その隙にもう片方の足をペダルに乗せて漕ぐ」
の仕組みを教える。


「あとは好きにしなはれ」って事で自由にやらせる。


仕組みは教えたから、分からなければ聞いてくるだろうし、乗りたきゃ乗るだろうし、飽きたら帰るって言うだろう。

てなワケでお父さんとお母さんは犬と遊ぶ(笑)



でね....

「息子はどうしてるかね?」

と見たら。





え?





ん〜〜〜





乗れてる(喜)





「別に自転車なんか乗れなくても死ぬワケじゃなし」
「知りたければ教えるけど?」
「乗りたきゃ乗れば?いやなら辞めれば?」

てな感じにしてたら、勝手に乗ってました。
しかも満面の笑みで。


あはは、お前センスあるわ。


本人は自転車をとても気に入った様子。

うん楽しく乗れて良かったね。
お父さんも嬉しいよ。


基本的に礼儀以外は本人の意志に任せるって教育方針は、割と間違ってないのかもね。


よその子と比較したりとかは無駄だよ、やっぱ。
「よその子はアレが出来るのにウチの子はまだ出来ない」
とか疲れるじゃん。

親も疲れるだろうけど、一番疲れるのはその期待に応えようとする子供だわ。


「ありがとう」と「ごめんなさい」が出来りゃあ、あとの事はどんなんでも大抵生きては行けるんだから、まぁまぁでいいじゃない。


気楽に楽しく子育てしましょう。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

息子5歳の誕生日

息子が5歳の誕生日を迎えました。

誕生日ケーキ

5歳か〜〜〜〜〜〜。
大きくなったねぇ。


お前、生まれた時はこんな小さかったんだぜ?





段々生意気になって来たけど、元気・健康で5歳になってくれてお父さんは嬉しい。


会話で使える言葉も増えたね。

字も少しづつ書けるようになってきたね。

絵もちょっと上手になってきたね。

相手を思いやる行動が出来るようになったね。

少し論理的になってきたね。

将来の夢も出来たね。



お父さんはお前がウチに生まれて来てくれて本当に嬉しい。


これからも元気に楽しくやろう。


息子と犬

相変わらずこいつらは仲良しでありがたい。
ちなみに犬は6歳です。
こっちも大きくなったなぁ。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

富士山を眺める

「不謹慎」「自粛」「募金」しか聞こえない東京に疲れて、箱根へ。


不謹慎自粛モードのお陰かガラガラの東名でサクッと到着。



大涌谷はまだ雪が残っていました。
が....地震の影響により遊歩道は閉鎖中。
卵アレルギーの息子と大涌谷名物の黒タマゴも断念し、山を下りる。



途中の展望台から富士山が頭を出す!!!



やっぱ富士山は美しいな。
「いつも変わらずそこにある」という圧倒的存在感に癒される。
たぶん俺が山を好きな理由ってそーゆーとこなんだろな。
※雲が全部飛んだ時の風速は考えない事にしています。



息子は現在約17kg。
だいぶ重くなって来ましたょ。


マ、マダダッコデキルモン........



いやぁ、スッキリするね。


来週末は仕事で静岡です(笑)





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

ACのCM「こだまでしょうか」を試してみた

ACのCM「こだまでしょうか」を息子で試してみた(笑)





「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。



ふむ、そうなのか。


というワケで息子に「馬鹿」と言ってみた。



「うるせぇ」



って言われました(笑)



「こだま」でもなんでもありませんでした。。。


と、くだらない遊びをしています。








【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

坊主な親子

俺は前からずっと坊主頭でしたが、息子も坊主頭になりました。


坊主親子


二人揃って反省坊主なワケじゃありません。
いや、俺だって反省坊主じゃないっす(汗)



息子が
「お父さんと同じくらいにしたい」
と希望したので、同じ長さの坊主になっただけです。


う〜〜〜〜ん、親子ってのは色々スゴイな。


二人で頭をジョリジョリしあって寝ましたとさ。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー