ダウンヒル布教活動3

ダウンヒル布教活動の第三弾です。
三人目の犠牲者はバイク仲間のけんちゃん。
彼はよっしーと同じように、同じバイクチームのメンバーでやっぱり一緒にモトクロスをやったりエンデューロに出たりしてました。
チームいちのマイペースなのでハードコアバカではないんだけど、なんだかんだ言いながらやらかしてしまう系です。
ある意味ぶれない男(笑)
ちなみに今もオフロードバイクに乗っているので一番慣れているかも。


よっしーとけんちゃんは千葉から相乗り。

よっしーヒッチメンバー

マイダウンヒルバイクを買ってしまったよっしーは、ヒッチメンバーとサイクルキャリアを自作して来るとか(汗)
コレ...売れるレベルだろ...。
まぁブレイドって車がマイナーすぎて売れないとは思うが。

「藤野PAで合流しようぜ!」

と約束し、あと5分で藤野PAかなってあたりでよっしーからメール。
運転中だしもうすぐ着くし、そのままPAに向けて走り続け。

とうちゃーーーーく。

よっしーどこだ?

いねぇな...

電話してみるか

「いまどこーーー?」

「もう出たーーー」


は?5分くらい待てよwww


「談合坂で合流ね!」

なんだよ、俺休めないじゃん。
すぐ談合坂に向かう。


「ここ広いから見つかるかな〜〜〜?」


シャコタンのブレイドにダウンヒルバイク積んでるヤツなんて1人しかいないワケで速攻発見。
やっと休憩しつつ、ちょっと話したあと富士見パノラマへ直行!


富士見パノラマに到着すると、客が全然いない中異彩を放つダッジラム。
ほい、俺をダウンヒルに引き込んだ睫攅罅
このあとBAJA1000ライダーの新田さんも合流。

みんなでタープを張ったりなんだかんだ準備して、けんちゃん号のレンタルをし、ゴンドラ券を購入。

おつかれちゅう

サクサク準備し、またもゴンドラで一気に山頂へ。

なんかもう初心者のエスコートも雑になってきて「はいはいコッチいくよー」ととりあえずCコースへ。
ゆっくり目だけど丁寧に走るけんちゃん。
なるほど、これが林道ライダーか。

「でももっとドーンと行っていいんだよ?」

と言ったあとから段々速くなってくる。
さすがぶれないやらかし系。
でもやっぱり丁寧に走ってる。


よっしーは元々バカだからもういいや。
なんかガンガン走ってたよ。

「バンクが気持ち良いんだよ!」と言ったあとすぐバンクから飛び出してた(笑)
教えてやるけどそこバンクじゃねぇよ?


みんなで休憩中

Cコースの開けたところで休憩。
写真は新田さんから拝借。




俺・よっしー・けんちゃんで走行。
バンクの脱出で加重を掛けて加速するの技を身につけてだいぶマシな走りになって来た。
よっしーはバカだからずっとぴょんぴょん飛んでた。


そのあとはAコースで初心者に地獄を見せたあと、改めてCコースへ行き「おほっ!走れるじゃん」の喜びを体験してもらったのち、あとはやり放題。

いやいやスゲー楽しいねダウンヒル。
アホな仲間が増えれば増えるほど面白くなってくる。

ちなみに前回参加のりょーうんは肋骨がくっかないとかで不参加でした。
シーズンオフまでには治るよね?ね?ね?


初参加のけんちゃんも楽しんでくれたようで良かった。


全員積んだね

なんとなくみんな片付けして、ばいばーい。
温泉とか入ろうと思ったけども奇跡の渋滞ナシ状態だったので速攻帰宅作戦。

帰り道

2時間半で着いた(たぶん今までで最速)


さぁ、次の犠牲者は誰か?

なんか記事が雑だな。まぁいいか。
書く事に意義がある、たぶん。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

ダウンヒル布教活動2

ダウンヒル布教活動の第二弾です。
二人目の犠牲者は、昔レースやってた頃友達チームだったTRASHレーシングのりょーうん。
彼はS80なんかで目立ってたからロードよりの人間と思われがちだけど、元エンデューロライダー。
やっぱりこーゆーの好きそう系ですよね。



去年から「やりたい!やりたい!」って言われてたんですがお互い出張なんかのタイミングがあって行けず。
今年は念願のダウンヒルデビュー。
彼も相当のアホです。
僕の友達の中ではトップクラスのアホ。
「人として」より「生き物としてどうか?」レベル。


今回はウチで車を入れ替えて相乗り富士見パノラマツアーです。

あまにょん号

クロカンでバンパーの割れたゴミみたいなエスクードでウチに来てくれました(笑)


一式荷物を積んで5時に出発。
相当早く着きそうだと思ったら、甲府手前で事故。中央道通行止め。
5台だか7台だかの玉突き事故があったようで、高速から追い出され下道移動。
次のインターで乗り直し(こーゆーのってさ、料金を乗り継ぎ的にしてくんないのかね?なんか割高になったんだけど)

まぁそれでも問題無い時間には到着。


ダウンヒル準備あまにょん

早速タープを広げピット的な場所を確保。
思ったより寒い。


田んぼ走行後

りょーうんは初体験なので、やっぱり自転車はレンタルします。
よっしーの時とは違うマシン。KONAだったっけな?
これもトップモデルかつ今年のニューマシンなので戦闘力は最強です。

レンタル料は一日9,000円ほど。
最新トップモデルを使い倒しての金額だから妥当な金額。
壊さなければ崖から落としてもOKだからね(笑)


今回は週末なので練習用にスキルアップエリア(リフトのほう)も使えるんだけど、ゴンドラの中で「あ、とりあえずの練習コース行かなくて大丈夫?」ともうどうにもならないタイミングで聞いてみた。

「全然よゆーーーだよーーーー!」

だよね、安心した。つーか思った通り。


とりあえずCコースで先導。
彼はアホなのでガンガン来ると思って、ちょいペース落とし気味とは言え休憩少なめに走ってみた。
完全に息上がってた(笑)

その位でちょうどいいよね、うん。

残り4キロくらいは「先に走りなよ〜」とアホ向け対応。

早速ジャンプしてやがる...

やっぱりアホはこうなのか...

「さすがいいペースで走るね〜」と思ってたら、フロント握りゴケwww
膝打ったとかなんとか言ってたけど無視して「どーぞー」
今度はバンクから落ちてコケるw

一本目から攻めすぎである。

余裕が出て来たCコース


2本目はAコースへ。
「きつそうに見える段差が実は走りやすいラインだからね」と教えたものの、やはりそれは無理だったみたい。
だけど転ばずに抜けるあたりはさすが。

Aコースは高速コースで先の見通しもいいのでグングンスピードに乗せていく。

と思ったら、しばらく続いてた雨でコースの一部が田んぼ並のマディ!!!!!!
「やっべぇ!」と思ったけどもう操作不能なので諦めて勢いで抜ける。
「あれはアイツヤバイだろ」と思ってチャリを止めて見てたら...


上から人間だけ降ってきた(笑)
「やっぱ無理だったかーニヤニヤ」
って思った瞬間、次にチャリが上から降ってきて友達の背中にクリーンヒット。

動かないwwwwwwwwww

あれ?やべぇ死んだ?と思ったら30秒くらいしてから「いてーーーー!」と声がして動き出す(←助けに行かないヤツ)
死んではいなかったけど、だいぶ痛かったみたいでコース脇でしばらく休憩。
まだコース半分くらいだったので、残りはまぁ流して行こうねってことで再開。

の割りにいいペースで走るアホ。

さすがだ。


肋骨骨折あまにょん

足が痛い胸が痛いとなんか色々言ってた。
(肋骨を骨折してた)


おれ「じゃあもういっかいAコース行こうぜ!」
あほ「いーよー!行っちゃうよ〜、俺に付いて来いよ!」

アホである。


そしてちゃんと走る。


その後はやっぱりあちこちマジで痛いみたいでCコースへ。
ゆっくり走るのかな〜と思ってたのにバンクから飛び出すまで攻める。


超余裕あまにょん

余裕のピース
(骨折中)


なんだかんだで5本は走って走行終了。
あばらを折った状態で3本走るとかどうなのよw


ヒッチカーゴ便利だよ

片付け中。
装備がドロドロになる遊びではヒッチカーゴが荷物置きに最適。
着けて良かったヒッチメンバー。

ヒッチ斜め仕様

さぁさぁ帰ります。
カーゴが斜めになってるけど、これはガタの範囲なので気にしないでね。
(フロントが重いから斜めになっちゃう)


ケガはしたもののやっぱりモトクロスの人間。
相当楽しかったようで、次回はマイマシンを投入の予定らしい。
持つべきモノはアホの友達。

仲間、もう1人追加です。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

ダウンヒル布教活動1

去年から始めたダウンヒル。
競技人口が異常に少ないスポーツなので仲間が欲しいワケです。
いや僕のデビューに誘ってくれた友達はいるんだけども、それだけじゃ少ないじゃん?

ってなワケでこーゆーの好きそうな奴を誘ってみました。
一人目はバイク仲間のよっしー。
彼は同じバイクチームのメンバーで、過去には一緒にモトクロスをやったりエンデューロに出たりしてました。
こーゆーの好きに決まってる感じで。


パノラマへ向かう途中

諸事情あり現地集合と言うことで一人で富士見パノラマへ向かう。


ダウンヒル準備中

現地で合流しタープを立てたりなんだり準備。
こいつオフロードのヘルメット被って長野までバイクで自走して来やがりました。
「風で首持ってかれてキツイ」とか「やっぱオツムが弱いんだなー」って再認識しました。


レンタルバイク

で、当然自転車があるワケないので、現地でよっしーの自転車をレンタル。
一日9,000円くらいです。

「レンタル高い!」って思った?
高くないよ。この自転車は一台55万円、しかも今年モデル。
転んで傷付けても部品がモゲてなきゃ請求来ない。

まぁ適正価格でしょ。


ゴンドラで上へ向かう

ゴンドラぐんぐん上昇

ゴンドラに自転車を突っ込むって行為に「マジか?」って顔をするよっしーがちょっと面白かった。


休憩スポット

Cコース一本目。
コースイン直後からギャップを見つけるたびにジャンプするよっしー。
コイツ絶対バカだ...(向いてるって意味で)

普通ね、初めて乗ったチャリ、初めてのダウンヒルでコースイン直後にジャンプするヤツいねーですよ。

その後も調子に乗って走りまくり、地味に赤土で転ぶ(笑)
その土の具合はEDで十分知ってるハズなのに。。。

へばるよっしー

その後Aコースに突撃し、「無理無理!」みたいな事を言いながらもグイグイ進む。
こいつの頭はどうなってんのか?

で、定番。Aコース後のCコース。
「Cコース超余裕〜〜〜〜〜〜」
いや、お前最初から余裕で走ってたよな?


SAINTおろし

ちなみに僕は今回リヤブレーキをSAINTに替えての初走行。
Cコースで引きづりながら焼き入れてやったワケですが、下りきる前に焼きが入ったみたいで急にロックしまくり。
強力なブレーキなんで、一本指でとにかく緩く握ればコントロール性は抜群。
ロック寸前がガレ場でも良く分かるとか、イイモノは確かにイイんだなぁ。とか思ったり。

ただリヤブレーキだけでママチャリが3台は買えるってのはどーかと思う...

まいましん

走りやすいチャリになりました。


この日は5本か6本走って終了。
十分だよね。


●よっしーの感想
「なんでこんな楽しいモン教えてくれなかったんだよ!!!!」

いや、去年も誘ったのに怖いって言って来なかったのお前だろうが(笑)

でも楽しくて良かったね。


この1週間後、よっしーがダウンヒルバイクを買ってしまうとは思っていませんでした...


仲間1人追加〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!



次回の布教活動へ続く....





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

2014年 ダウンヒルシーズンスタート【富士見パノラマ】

去年から息子と始めたダウンヒル。
今年も富士見パノラマがオープンしたらすぐ行くつもりでしたが、大雪のためコース状況がなかなか良くならず。
更に梅雨にも入ってしまいなかなか行けず。

やっとこさ7月半ばに行って来ました(オープンは5月)

●富士見パノラマMTBパーク
http://www.fujimipanorama.com/mtb/


この間は以前記事に書いたCX-7へヒッチメンバーを取り付けたりなんだりと準備をしてました。

ヒッチカーゴ取り付け

作るしかないですな。


さて。土曜日晴天。
朝4:30に東京を出て7時前に富士見パノラマ到着。
駐車場はまぁまぁ一杯な感じ(ゴンドラ下駐車場ゲット)

ヒッチカーゴにDHバイク

簡易ピット的なもの

自転車を降ろし、タープを広げ快適空間を設営。
この充実設備はドンキの特売なんかでコツコツ集めました(笑)


富士見パノラマ晴天!

台風一過で晴天!素晴らしい!!


親子でダウンヒル

イソイソ準備しますよ。


一本ゴンドラ乗りますよ

準備完了後、息子には「ちょっと下で練習してなさいね」と伝え一本ゴンドラ乗ります。
いやだってちゃんとダウンヒルしないと楽しくないじゃんか。
※息子には上コースはまだ無理。


Cコース、コンディション抜群

とりあえず初級者向けのCコースへ。
ちょっと湿った程度の土でタイヤ噛みまくり。超ベストコンディション。
景色も最高!




Cコースをビビリ気味に走行。
次はもーちょい頑張ります。


息子とスキルアップエリアへ

息子と合流しリフトに乗りスキルアップエリアへ。
去年はちょいビビリ気味だったのに、今回は良く攻めるね〜〜。
さすが子供、適応が早い。


息子スロープライドへ

スロープライドも躊躇せず突入。

息子スロープライド突撃

イケイケーー!!


しばらく遊んでたら、パノラマ近くに引っ越した友達が子供を連れて遊びに来た。

めぐが来た

すっかりお母さんになっちゃって。
親戚みたいな気持ちに(笑)
お昼ご飯を一緒にしながら色々近況など聞いてみたり。
楽しかった。


午後は、Cコース、Aコースとまた親父1人で行ってグッタリしたので、あとは息子と遊ぶ。




息子の自転車にカメラを着けて撮影。

うんうん。楽しんでくれてるみたいで良かった。
つーか思い切りがいいね。


息子は4回ほど転倒しあちこちケガしたものの、まぁ大事なし。
親父はビビリ走行のお陰で転倒なし。


16:30くらいまで遊び、サクサク片付けて17時には撤収。

ヒッチカーゴ
※ヒッチカーゴ付けると後ろ引っかけそうで気になるね。


帰りは中央道の小仏大渋滞を予想してたけど、土曜日だから少しマシだったのかなんなのか。
普段なら帰りは23時とかなのに、今回は19時半には東京に到着。
早すぎてちょっと意味が分からなかった。


ダウンヒル超楽しい。
つーか息子と一緒に出来る遊びがいくつもあるっていいね。
せっかく男同士なんだし、楽しくやろうぜ。

今年は何回行けるかな。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

今度はダウンヒルデビュー

8月14日、猛烈な残暑の中、富士見パノラマへダウンヒルをしに行ってきました。
ダウンヒル初体験です。


☆ダウンヒルとは




前後にサスペンションが付いていて悪路を下るためだけに作られた専用自転車でスキー場内に作られたコースを猛烈な勢いで駆け下る遊びです。
自転車自体が重すぎて平地で漕いでもロクに進みません(笑)
車体のイメージとしてはエンジンのついてないモトクロッサーかな。
ちなみに1台で100万円以上するとか(汗)



今回もUP GRADE COLORSの高木さんにクネクネとお願いして世話になりまくりです。
※移動のクルマから俺のマシンまで全部用意してもらった←あんまりだw


まずは朝5時、UP GRADE COLORS事務所へバイクで移動。
そこには全て積み込みを終えた凶悪な見た目のダッジラムが!

俺のバイクは庭に止めさせてもらい、ラムに乗り込む。
助手席に乗り込...あぁ左は助手席じゃなくて運転席だった....(左ハンドルだって忘れてたよ)


「よろしくおねがいしまーす♪」
と挨拶だけはちゃんとします(笑)


V8のキチガイサウンドをガオガオ言わせながらあっと言う間に長野県の富士見パノラマに到着。
なんで2.5tの車体があんな加速をするんだろう...。

ダッジラム1

うわぁこえぇ。


ダッジラム2

さすがの広大な荷台。


とりあえずはタープだのテーブルだのを設営してパドック設営。
てか長野涼しいね。


さて、次は用意してもらったダウンヒルマシン。

キングマシン

高木号
倒立フォーク付いてんよ...すげぇなこれ。


角掛マシン

レンタル角掛号
スイングアームの作りがえぐい。そしてクソ重いw


2台とも一昔前のレーシングモデルらしく、どちらも100万円以上するそうな。。。
バイクより高い(汗)
2台並べて300万円弱か。恐ろしい。


一段落した所でゴンドラのチケットを買いに行きます。
チケット売り場まで漕いでみる。
重い...進まない...
なんだこれ?

「死んでも文句言わないよ」的な書類に必要事項を記入し、一日300円の傷害保険をケチり、ゴンドラチケットを購入。
一日乗り放題で4800円だったかな。
3回券だと3800円なので、一日券が良さそう。


はしるよー

モトクロスの装備を付けていざ出陣(超ドキドキ)


「ゴンドラで山頂まで一気」と聞いていたものの、「どうやって自転車運ぶのかな?」と思っていたら、ゴンドラ内に自転車ぶっ込みました(笑)
あー、こーゆーのアリなんだー。

ゴンドラ内で操作のポイントやコースの具合などを聞きつつ、15分ほどで山頂に。
おお、上は涼しい。つーかひやっとしてる。
さすが山だ。

ここはハイカー達も多いらしく「あいつらなんなんだよ?」的な視線を猛烈に浴びました。
まぁ....そうだよね。
モトクロス装備でおかしな自転車を押してたら怪しいわな(笑)


「上級者コースでいいよね?」とキング。
「やだ初心者コース行く」と全力でひるむ俺。


と、言う事でCコースへ。



こわいーーーー!
のは最初だけで、アホみたいな段差や木の根っこもマシン任せでスイスイ進む。
この自転車すごいな。
あ、あと漕ぐことは基本ないです。坂に合わせて勝手に加速していきます。
キングいわく「ブレーキを離すことがアクセルだと思え」と。
「無理だw」

最初だけは怖かったものの、このCコースは鳥のさえずりやら虫の声を聞きながらスイーッと進む気持ちの良いコース。
普通にビビリ気味で走ってりゃ転ぶこともありませんです。


次。
「もちろんAコースだよね?」
「え、あ、うん。。。」



↑俺の車載映像


↑キングの車載映像

Cコースとはモノが違う!!!!!!!!!!!!!!!!!
動画じゃわからんけど、これは崖だ!
ブレーキ離したらガンガン加速するわ、ちょっと調子に乗るとタイトターンにやられるわ、木の根っこは激しいわ、岩はごろごろしてるわ、階段とは言えない高さの段差まみれだわ。。。


これは楽しいーーーーーーーーーーー!

で、コケたw

俺の車載映像ではフレームにチ○コを強打し不適切な言葉と雄叫びが動画内16分の辺りに収録されております....

キングの車載映像では動画内10分の辺りに俺のボテゴケが収録されております....





途中でライダー側にカメラを向けてみました。
大してスピードは出てないけど、やっぱりライダーは忙しく動いてるもんなのね。


想像以上に足腰に来てしまい、4本で走行終了。
キングは6本行ってました(あほだ)


何度も転んだけどコレは最高楽しいスポーツだ!
特にモトクロスの経験者なんかだとすぐに慣れるんじゃないかな?
超絶オススメ。


あとは常設されている水場でマシンを軽く水洗いし、タープ類を片付け、帰路につく。
って、中央道はいつもの大渋滞。とても帰れないので温泉で汗を流し、甲府でほうとうを食べる。

冷やしほうとう

「おざら」と言う冷やしほうとうです。
美味かった〜。

「美味いほうとう屋があるんだよ!」って連れてってくれたキングは天丼食ってました(笑)
ほうとう食えよwww


この時点で19時くらい。中央道は小仏から相模湖までは相変わらず大渋滞。
しばらくガラガラな下道を走り、良い感じの所から高速に乗って帰宅。


帰りはまたバイクに乗り換えて家まで帰ると言う苦行に心が折れそうになりました...
(調布から高速乗ったw)


総評としては...
ダウンヒルマジで最高!
最高に面白い!
でも痛い...


いたいよー

プロテクターしてたのにね。


今回行った富士見パノラマでは一式レンタルもあるので、ちょっとでも興味のある人は一度体験してみると良いと思います。俺もまた行くし(またあの反則マシン借りるけど)


高木さん、今回も何から何までありがとう!
最高楽しかった!





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

GIANT R3.1を室内に壁掛け

先日購入したクロスバイク GIANT R3.1


GIANT ESCAPE R3.1


あんま安い自転車でもないので、メンテスタンドで事務所内に立てておいたんですが・・・・・・・・・・・



邪魔!!



タイヤデカイから邪魔!!


ネットで色々調べて、縦に保管するスタンドがある事を知る。


が・・・・・


どれも2万近くする。


たかがスタンドに2万てアホか。


ギヤ付きのママチャリ買えるわ。



そーゆーのはマニアに任せるとして、うちは大工な嫁に相談。


「事務所の壁に立てかけたい!」


そしたらどこかからステンパイプと留め具が出てきて、下地チェックしてチャッチャカチャー。


GIANT R3.1 室内保管


ドンキで買った198円のS字フックを付けて完成。


「長めにしといたから洋服も掛けられるよ〜」とな。


気が利くねぇ。



日曜大工はお父さんの仕事ですが、うちには本職がいるので俺の出る幕ナシ。


どんどん事務所が遊び場になってゆく。。。。

まぁいいか。


本日は壁掛けGIANT R3.1デー。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

クロスバイクデビュー♪

さいきんバイクは止める所が少ないくせに駐禁ばかり切られる。
止められないのに止めるなとはこれいかに。

んでも反則金もバカにならないので、心肺機能の強化も求めて自転車デビュー。
いや、BMXは乗ってましたけどね。
BMXはそもそも前に進むように出来てないんで、疲れるくせに距離はまったく稼げない。


欲しいのは家から半径8キロ圏内を快適に移動出来る自転車。
うちから大体8キロ圏内で用事は全て済む。

みんなからもらった意見、調べた情報、使い道、好みを合わせてクロスバイクに決定。
いや、最後までMTBにスリックを履かせるのと悩みましたが。。。


NEWマシンは、
GIANT ESCAPE R3.1[オレンジ]


GIANT ESCAPE R3.1


R3.1は、R3.0の2千円増しで、
トリガーシフト・特別色・グリップ、サドル、シートポスト、ハンドルのカラーコーディネートがされたお得モデル。


この辺は道が良いので「細いタイヤでよかろう」と勝手に決めつけ、予算内で一番走りの軽いモデルにしました。
「パンクには気をつけろ」と念を押されましたw
はい、気をつけます。



で。さっそく近所を試走。
低速での安定感は異常なほどナイ(笑)
この辺りはMTBに完全に負けるね。
スタンディングスティル出来る気がしない。

ただ踏み込めばすぐにピシッと安定。

そしてクソ軽い!
とにかくスピードの乗りが軽い!
なんじゃこりゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

んでもって更に速い。
とてつもなく速い。

更に自転車は歩道沿いの車道を走るので、Y字路とかT字路なんかの赤信号は歩道沿いを歩行者気分で華麗にスルー。
※自転車の免許は持ってないから、道交法は知らんw


チャリって、信号待ちまみれのバイクより都心の移動は速いかもしれない。
一方通行も無視できるしね。←これはデカイ
※やはり自転車の免許は持ってないから、道交法は知らんw


スゲーーー! 最近のチャリ。

果てしなく驚いた今日。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー