ホームページのリニューアルというシゴト

今更ですが、僕はホームページのリニューアルというシゴトが本業です。


インターネットストラテジー
ホームページのリニューアル専門事務所:インターネットストラテジー


まぁ頼まれれば新規構築もしますし、コンサルティングもします。
声を掛けられれば講演もやりますし、執筆もします。
んでも、本業はホームページのリニューアルです。


なんでまたリニューアルが専門なのかと言うとですね。
ちょっと昔話も交えつつ....


僕が独立した当時は「とりあえずホームページ作れば儲かる」みたいなおかしなブーム全盛時代だったんですね。
で、依頼も「とりあえずナイスな感じでホームページとか言うの作ってよ」ってな感じです。
その当時から「投資する以上、売上に貢献しなければ意味がない」と声を大にして言ってきたのですが、これがまぁ伝わらない伝わらない(笑)

特に独立してすぐ[2003年]はSEOの大全盛期。
※SEOソリューションズという会社もやってましたが(汗

「とりあえずホームページを作れば儲かる」
「とにかく検索結果で上位の出れば儲かる」

そんなんばっかりでした。

当然ながらホームページを作れば儲かるワケでもないですし、検索上位にあれば儲かるってモンでもありません。

「アクセス数が少なくてもクライアントの売上に貢献すればOK」という言葉は当時のインチキな濁流みたいなものに押し流され、来る依頼は「とにかく検索で一位にしろ」ばかり。



なんだかすっかりイヤになって問い合わせのメールをシカトする日々。

「本気になれないものはやらん!」

そんな個人主義な事を言ってたら、会社もあっさり潰れました。




僕はそこから今の「ホームページリニューアル専門事務所」というシゴトに転向する事になります。
それは....


「それまでに作られたクソサイトは、改めてきちんとしたコンテンツを用意し、優良な見込み客を適切に誘導し顧客を増やし利益を得るべきだ」

「それには既存ホームページのリニューアルが必要だ」

ってな思いからです。


正直言えばSEOブームの一部を担ってしまった罪の意識も多少あります。


まぁそんなこんなで僕はSEOなんちゃならとかいう団体からたった2年で消え、2005年から20011年までの6年間をホームページのリニューアル専門屋として過ごす事になります。
それは今も変わりませんし、きっと今後も続けて行くと思います。



実際このシゴトをやってみて思ったのは「Web制作業の中で一番面白い!」です。

ホームページのリニューアルは、
・今までの利益貢献度
・リニューアルのコスト
・リニューアル後の利益貢献度
が全て数字で表れます。

これがもうハッキリキッパリしていて面白い!

売上に貢献すればクライアントから喜ばれますし、上手く行かなければ怒られます。

Webでこんなに白黒分かりやすい世界があったのか!
てな感じでのめり込みです。


ちなみにここ最近では、「いきなりドンのフルリニューアル」は請けません。
「何が問題かも分からずいきなりドン」はクライアントにあまりにもリスクが高すぎます。
なので、
「まずはきちんとアクセス解析を入れる事」から提案し「現在のボトルネック箇所を洗い出し少しづつ改修する」
「これならイケル!と双方で思えればフルリニューアル」
てな流れです。


俺はインチキなシゴトをしたくないし、クライアントに派手なギャンブルを打たせたくもない。

そんな感じで僕はクライアントのリスクを減らしつつ、じっくりとお付き合いをお願いしています。

で、あとは数字で白黒付けようじゃないの。と。



なんだか良くわからなくなって来たけど、僕はインチキナシで白黒ハッキリする「ホームページのリニューアル」というシゴトがとっても好きです。







【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

Comment:
Add a comment:









プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー