CX-7にヒッチメンバーを取り付ける

CX-7


愛車CX-7、すごく気に入ってるのですが問題がひとつ。
ダウンヒルバイクを積むのがすごく大変。

ダウンヒルバイク

去年は背負い型の簡易式を使っていましたが、ダウンヒルバイクはなんせ重い。
東京から富士見パノラマまでの間にドキドキしながら走行し、PAの度に増し締めをするありさま。

背負い式...

これじゃあいかんよね。。。

と言うことで、アメリカからヒッチメンバーを個人輸入。
国内で買うと6万円近くするものが、アメリカだと130ドル。
送料で200ドルくらい取られたけど(涙)それでも国内で買うより安い。



一ヶ月弱で到着したので早速取り付けますよ。


まず揃えたものはコレ。

ヒッチカーゴ

ヒッチメンバー本体と、荷物を積むためのヒッチカーゴ。
ヒッチカーゴは楽天で8,000円くらい。


でだ。
ヒッチカーゴのヒッチピンを刺す穴がずれていることが判明...
なかなかボルトオンとは行きませんなぁ。


ヒッチカーゴ穴空け


仕方ないので穴開け直しました。
電動ドリルで出来ないこともないとは思うけど...。たぶんキツイ。


さ。やっと本題行きますよ。

CX-7作業前

取り付け前のCX-7様。
う〜ん、カッコイイ。


ジャッキめんどくさい

ジャッキとウマはいつも不安なので、今回はコレで。
タイヤ外さないならコッチのがいいね。


主役ヒッチメンバー

主役のヒッチメンバー。
これだけで18kgあります。クソ重い....


ヒッチはここに押し込みます

ここに押し込んで良い感じにするワケですよ。
※マフラーは邪魔なんで一回外しちゃいました。


ヒッチ取り付け穴

取り付けには既存の穴(3箇所)を利用します。


プレート入らないじゃん

この穴にプレートとボルトを入れるワケですが....
入らない!!!!!!!!!
出た!アメリカ製! どこがボルトオンだ!(汗)


切ればいいよね

車体側をエアソーで切ってやった。
※よい子のみんなは真似しないように。


ワイヤーに通す

袋上のフレーム内に指でボルトを入れるなんて不可能なのでワイヤーで結びます。
で、こいつをさっき切り込み入れた穴から通して、入れたい場所へワイヤーをミョーンと通す。


メンバーの穴に通す

ぐりぐり....


ズルッと出て来た

スポッ。
思ったより簡単に通ります。
CX-7は6箇所に同じことを繰り返します。


あとはネジ止め

ボルトさえ通ってしまえば、あとはヒッチメンバーを合わせてナットで止めるだけ。
ここは位置が完璧でした(よかった)


CX-7 ヒッチ完成

じゃーーーーん。完成!

簡単に言ってますけどね、実際はなんだかんだありまして3時間ほどかかってます。
でもこれでダウンヒルバイクもキャンプのゴミも車内に積んだりしなくて良くなるね。
素晴らしい。


■問題点
・アメリカの部品は安いけど航空便で送ると送料が異常に高い。
・そう簡単には届かない(日本の標準は通用しない)
・金属加工の道具と技術と思い切りが必要。
・とにかく全てのモノが重たくてくたびれる。
 ・一人でちょちょいは無理。
・社外マフラー(オートエグゼ)は干渉する。
 ↑無理矢理押し込んだ。


こんな感じで問題点はそれなりにあるものの、これでダウンヒルバイクを安心して積めるとか、どっか遠くでサイクリングとか、キャンプの道具満載で出掛けられるとか、まかり間違って船をトレーラーで牽くなんてことも可能ではあるワケ。
夢が広がりますねぇ。


使用レポートはまた後日。
とりあえずくたびれたのと、押し込んで誤魔化したマフラーをなんとかせにゃあ。


■後日談(追記)

CX-7 バンパー溶ける...

無理矢理押し込んだマフラーがバンパーに溶けてめり込みました(涙)

「マフラーを凹ませばなんとかなるかな?」と思ったけど、そーゆーレベルではないと判断して仕方なく切った貼ったしました。

作るしかないですな。

・ヒッチの取り付け穴を25mm長穴加工
・補強リブ切断
・マフラーステーの逃げ作成
・ボディ側マフラーステーを削り込み
・ヒッチにリブ溶接
・面圧を上げるため、あて板作成

ここまでやってようやく干渉を避けられました。

正位置に戻る

↑正位置に戻る

25mm突き出し

↑25mm後方へ突き出し

完成!

↑全体像



これね、もう個人でやっちゃいけないレベル。
僕は仲間のガレージ借りてやれたけど、人にはとてもオススメできない加工レベル。

たぶん社外マフラーの寸法のせいだと思うんだけど、CX-7にヒッチを付ける方はショップにお任せしたほうが良いんじゃないかと思います。

マジで.....


●完成状態

ヒッチカーゴ取り付け

コレですよコレ。
排気熱のことは多少考えないとアレだけど、これで自転車もキャンプのゴミも汚れ物は車外にドンドン積めます。
大変だったけど着けて良かったヒッチメンバー。










【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

Comment:
2015/10/21 10:19 AM, 中田 wrote:
こんにちは。
取り付け後車検証に登録必要でしょうか?
2015/10/26 12:25 PM, つのかけ wrote:
構造変更とかは不要ですよ(車体からの飛び出し具合とかは検査官の判断にもよるかもです)
もしダメだって言われたらただのボルト留めなんで、その場で外しちゃえば良いです。
Add a comment:









プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー