今までの車からCX-7にたどり着くまで

なんとなく今の車に行き着くまでを書き出してみる。
僕は千葉のひとなんで18歳で免許を取ってから、基本的にずっと車生活です。
都内に越してからは交通機関が便利すぎてちょいちょい抜けがあるものの、やはり今も車生活です。
※今は生活と言うよりは車好き。ですかね。

で、買い換え買い換えをしているワケですが、これね。思いつきではなくて常に解決したい何かがあったんですよ。

順を追って。


●トヨタ スターレットGT(シャコタン)



僕の18歳当時は走り屋最後のブームでした。
走るの大好きな僕はお金がないなりによく走る車としてスターレットのターボを選択。
850kgの車重に改造しまくり230馬力エンジンでアホみたいによく走りました。
足回りはオーリンズ。
こいつはほんとに良い車でした。


●FORD focus(シャコタン)

フォーカス

23歳で結婚し、子供とかもねホラとか、無理させすぎたスターレットがいよいよヤバイ感じだったのもあり、大好きなハッチバックスタイルで静かにゆったり乗れる車としてフォーカスを選択。
WRCが好きだったのもあるんだけれど、それはまぁ置いといて。

そんなに力のある車ではなかったけど、コーナーは異常に速いいい車でした。
そして毎月どっか壊れました。
たぶん3年間でATだけでも二回載せ換えしてます。

故障以外はいい車だったけど、都内に引っ越すため手放しました。


●トヨタ ハイエース スーパーGL(シャコタン)

ハイエース

夫婦二人都内の移動に困ることはほぼありませんでしたが、子供が生まれたこと、まだバイクレースを続けていたことなどあり、移動もレジャーも一通りこなせる車として選択。
バイクを積んだり、バギーを積んだり、オートキャンプごっこをしたりと大活躍。

ただ、息子が三才のときレース引退を決意し、この巨体もいらんだろ。と言うことで手放しました。
使い勝手としてほぼ満足の車でしたが、シャコタンによる不便さとエンジンの非力さには泣きました。


●スズキ エスクード(リフトアップ)

エスクード

やっぱり車が好きなのと、今までの不便さを解消する車は何か?と考え四駆の世界へ。
そーゆー系の会社に勤めていた経験もあるので、案外スルッと入り込みました。

デフロックまで出来ちゃうスペシャル走破性に加え、M/Tタイヤとリフトアップでどこでもガンガン。
雪でも砂でも泥でも突撃出来て、更に視界もいいとか、もうほんと気に入りました。

が....ここでもエンジンの非力さに泣く。
重たい上に走行抵抗の上がる改造なので、高速道路でハイエースにまで抜かれる始末。
むり....


●マツダ CX-7

CX-7

これが現愛車ですね。
超マイナー車、マツダのCX-7

選択基準は
・車高が高いこと(基本どこにでも入れる)
・改造の余地がないこと
・オーディオが良いこと
 ・BOSEの9スピーカーが標準
・クソ速いこと
・スタイルに不満がないこと
・内装がかっこいいこと
・革シートの車に乗ってみたい(革標準)
・快適に移動出来て荷物もそれなりに積めること
こんな感じです。

今まで満足した点を満たし、不満点を改善した感じです。

CX-7はほんと今までの経験を活かしての車選びなので現状では不満らしい不満がありません。
唯一の不満は自転車を積むとなると不足する積載。

ヒッチカーゴ取り付け

これはヒッチメンバーとヒッチカーゴを着けて解消しました。

改造はとくにしてませんし、今後するつもりもありません。
※車がマイナーすぎて部品もない。

ちょいちょい故障はありますが、ディーラーの神対応によりいまだ財布を開けたこともありません。
ん〜〜、現段階でのベストチョイス。

これまで車にいくら使ったのか。とかあんま考えたくないけど満足出来るのは良いことだなぁ。と。
今の所は他に目が映るようなことも全くなく、超喜んで乗ってます。


すげー、この記事なんの役にもたたないや(笑)





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

Comment:
Add a comment:









プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー