僕ら役員が面接で見ていることって公開すると役に立ちますかね?

もしかしたら職を探している人に役立つかもしれないから書いてみよう。



求職者からするとドッキドキかもしれない役員面接の担当者ですよ。
僕が取締役だからね。

まぁウチみたいなちっさな会社だと最初から役員面接なんだけど、それって最初からハードルつーか、緊張とかするのかもね。よくわかんねーけど。


で、本題。
僕らが役員としての立場で重点的に見ているところ。

・表情と声に力があるか
・こちらの目をまっすぐ見て話が出来るか
・出来ること出来ないことがハッキリ言えるか
・将来なりたい自分像があるか


だいたいこんなもんです。

今の自分に自信を持って誠実に伝えようとしている事や、自分自身の現状分析、進みたい道が見えているかどうかってのをじっくり見てます。


やたらと難しい言葉を並べた格好良さそうな回答とか求めてないです。
すぐに何かの成果を出しまくれるとも思ってないです。
あと履歴書はあんまよく見てないです。

難しい話とか頭が疲れるし、履歴書をたくさん読むのも疲れるんだよね。


余談だけど接続詞が「あー」とか「えー」とかは超絶イライラするからマジやめてね。
スラスラ話せなくていいから丁寧に。
間が埋まらなかったらその間は深呼吸でもしてちょうだい。
「やー、緊張しちゃって」とか言ってもいいし。


面接官だとか役員だとか言っても相手は同じ人間だから、普通にあなたの事を聞かせて欲しいと思ってます。

僕らは「この人を採用して良かった!」って思いたいし、採用した人には「ここで働けて良かった」って思ってもらいたいだけなんですよ。

インチキ詐欺セールスマンみたいな饒舌なトークとかまったく求めてないから、ぜひ普通に(礼儀とかマナーみたいなのはまぁまぁちゃんとしてね)話して欲しいです。

普通でいいんですよ。普通で。
難しいことはナシで行こうよ。お互い疲れちゃうじゃん。


クソみたいに普通のことしか書いてないけどこれが真実ですよ。
あとね、面接ってマッチングだからさ。
必勝法とかマジないです。

さぁさぁ小細工なんかやめてドーンと行こう。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

Comment:
Add a comment:









プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー