仕事用パソコンを[OS X Mountain Lion]にしました

Mountain Lion

僕はWeb屋さんなので、仕事でパソコンを使っています。
現在の構成はMacBookProをメインに、サブでMacBookAirという感じです。

言い過ぎかも知れませんがとにかくパソコンは生命線。
どんなバグがあるかも分からない最新ものに手を出すワケには行きません!


やっちゃった。

Mountain Lionインストール中

しかもメインのMacBookProから着手すると言う暴挙。
少し不具合があるようですが、致命的な問題はなくサクサクと使えています。


以下僕が通常仕事で使っているソフト達です。

・Apple純正メール
・Microsoft Office 2008
・1Password
・Adobe CS3
・Jedit X
・iPhoto
・Keynote
・OmniOutliner
・Parallels Desktop 7
・Transmit
・カレンダー

Web屋と言ってもプロデュースが主なので妙に少ないです。
で、これらのソフトは全てきちんと動いています。

あと懸念だったLIONでNASに繋がらなくなってターミナルでガチャガチャやってなんとか繋いだ設定は、LIONからそのまま引き継がれているようで、問題無く接続出来ました。



ホッとしました...




ちょっと気になるのは、
・メール:返信時に別アカウントになってしまう。
 ※解決策ナシ
・カレンダー:和暦(平成)を使うと1000年と言うとんでもない年になってしまう。
 ※西暦にする事でクリア
カレンダーの不具合



まぁこんな感じで大きな問題もないので、MacBookAirもMountain Lionにしました。

とりあえず「こんなソフトは動いたよ」と言う事を書き留めてみました。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

マーケッターってなんだ?

僕はWebと言うビジネスで起業して10年になります。
正直に言うとチクチク自由研究はしていたもののWebのビジネス活用については素人同然でこの事業に手を出しました。

素人同然からの起業ですから沢山、本当に色んな事を勉強して来ました。
失敗も沢山しましたし、ありがたい苦言も沢山聞いてきました。

で、結局の所「自分は何で10年食って来たのか?・食えてきたのか?」と考える事があります。
今もその事を考えています。


元々は工業関係の学校を出ている事もあり、初期はコーディングをしてみたり、デザインをしてみたり、SEOをやってみたり。
制作に関する色んな事をしてきました。
実はプログラムもアセンブラとかフォートランとかも学校でやってるんですよ。
※出来たかどうかは別として(笑

で、色々やってみてWebに関する業務の中で一番自分に適していたと思う職域はプロデュース。
つまりマーケティングとコミュニケーションでした。
※前職が中古車屋の営業なのも大きく影響しています。


でね。
プロデュース業ってのは、クライアントの依頼を受けて


・よーく話を聞いて
・今ある問題を理解して
・よーく話を聞いて
・相手の事業をどうプラスにするか考えて
・よーく話を聞いて
・Webでの最適解を探して
・よーく話を聞いて
・ロジックを組んで
・よーく話を聞いて
・収益計算をして
・よーく話を聞いて
・予算を組んでもらって
・現時点で最上と思われる企画を提供して
・よーく話を聞いて
・問題があれば都度修正をして
・よーく話を聞いて
・より良い結果に結びつける

って仕事です。


僕のセミナーを聞いてくれた方からは「マーケティングの人」と思われていると思いますが、プロデュース業を分解してみると「コミュニケーション」の割合が異常に多い。
僕はスーパー天才ではなくスーパー凡人なので、クライアントから「売上上げてよ」「おっけーうふふぺろり」とかで結果を出せたりはしません。

よーく相手の話を聞いて一度腹に落とし込んでから良く考えないと企画が出来ません。

それだけでは不安なのでクライアントに「こーゆー方法どーすか?」と聞かないと先に進めません。

なんか「あれ?」と感じる闇のような不安も聞いてみないと気が済みません。

その後も気になってしまうのでちょいちょい質問をします。

僕が1人で超スーパーな仕事をしているんじゃなくて、相手ありきなんですね。


で、それってやっぱりコミュニケーションがすごく大きなウエイトを占めている。


つまり僕がこの先も成長するために・5年後も食って行く為には企画発想力を磨くだけでなんてのは全く不十分で、コミュニケーション能力をより多めに磨いていく必要があるんじゃないかと思うワケです。


ちょっと出だしとは脱線気味なんで強引に戻しますけどね。
僕はコミュニケーションを軸とした上でマーケティングをしている人なんじゃないかと。

つーかマーケティングってコミュニケーションでしょ?

企業と顧客のコミュニケーションを促すのが仕事。
商品がなんであれ、販売手法がどうであれ、顧客との対話なしに支持される商品やサービスは存在するはずがない。
その方法を模索する事が仕事な僕は、「コミュニケーションの人」であるべきで、いわゆるマーケティングって言われるアレコレなんてのは「単なる手段」にすぎないハズ。



うん、そうだね。
書くことで少しスッキリした。

やっぱ僕の中で一番大事な事はコミュニケーションだ。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

my365は「気付き」の思考トレーニングに有効かも知れない

my365と言う写真を日ごとに一枚づつ登録するサービスがあります。


このサービスの存在自体は前になにかで見かけて知っていましたが、「まぁオシャレさんな女の子向けでしょ?」「誰も俺の事なんて興味ないってば」と思って利用はしていませんでした。


が、スタッフが楽しそうに写真をあげているのを見て「むずむず」と(笑)


思い立ったら即実行がモットーですから、すぐに試してみました。


my365


角掛のmy365


なるほど...。
投稿すると任意のタイトルが手書きっぽい文字に生成されて、いかにもアルバム的に掲載される。
しかも投稿時に写真を「カラーをモノクロに」とかも出来る。

うむ。見た目的にも面白いし、一日一枚までと言う上限も「大切な一枚」っぽくて良いねぇ。

まだ登録して二日なんで使い込んでいるワケではないけど、「コレは良いかも!」と思った。


というのも。。。


これは脳みそのトレーニングに使える!

トレーニングというのも色々ですが、「気付きのセンス」と言うのは仕事をする上で結構重要なスキルです。
簡単に考えるだけでもこんな感じ。
・分からない事が何か気がつく
・質問方法に気がつく
・問題点に気がつく
・解決策に気がつく
・実行プランに気がつく
・説得方法に気がつく


「この人仕事出来るなー」って思う人いるじゃないですか?
そーゆー人に「最近目に付いた面白い事なんですか?」って聞いてみるとクソどーしようもないことを見つけて真剣に考えたりしてる。
例えば表現のおかしな看板だったり、中吊り広告の誤字みたいなキャッチだったり、山手線でスマホいじってる人の人数だったり、前を歩いてる人の靴のかかとの減り具合だったり。
で、そんなしょーもない事を真剣に考えたり、ただ記憶してるだけだったり。

「この人気が利いてるな」って思う人いるじゃないですか?
そーゆー人って人から見たらクソしょうもないことを意識してるかどうかわからないけど、なんとなくやってたりするんですよね。
こーゆー人もやっぱり普段から色々な気付きを得てその行動をしているんだと思う。

頭を急に良くするなんてのは不可能な話なんだけど、どうでもいい事に気が付くようにすることはやれば出来る。


とは言え...
「普段からあらゆる物事に興味を持ち気付きを得る」と言うのは基本的なトレーニング手法とか言っても、そのキッカケと言うのがこれまた難しい。

これはスタッフの教育も担当する僕だからの気付きでもあるんですが、「赤色のものを見つけながら歩け」とか「注意の標識が黄色いのはなぜか」とか考えながら歩けよって言っても、まぁ微妙な所なワケですよ。

やっぱり漫然と歩くクセのある人間に対して、上から「やれ」と強制した所で、日常を変化させるのは難しい。
もちろん僕もそうです。
※言われたら余計にやらないw


これがmy365を使うと「毎日のちょっとしたことを記録しよう」が「毎日のちょっとした事に気付いて整理する」にもなるんじゃねーかな?と。

とすると、my365は思考(気付き)トレーニングを自覚せず・労せずサポートしてくれるツールになり得るのかと。


「キッカケ」や「気付き」に弱い方は、しばらく使ってみても良いかも知れませんよ。
サイトに書いてある通り「思い出共有」として使っているだけでも、勝手に上記のトレーニングが出来ちゃう感じ。


なんだかmy365からカネでも貰っているような感じになってしまいましたが、貰ってませんからね!w


自分でやってみて「ハッ」としたので、Blogに書いて見ました。
これもある意味「気付き」なんですよね。


こう思った俺がスタッフに「お前ら今日からmy365をやれ」とは言わないと思います。
「なるほどやろう」と言う本人の気付きナシでは意味がないですし、各個人に合った学習方法はあるハズなので。


■追記
僕のmy365はただの思い出ツールと化しました(笑)
まぁそれならそれでもいーじゃない。気負わないのが一番。
でもね、僕は常に何かを観察してるし、それは自分の仕事に役立ってる...と思いたい。
観察したものがすぐ仕事の役にたつなんてことはないんだけども、それが引き出しに入って何か思いつくキッカケになる事もあるし、そのまま別ネタにパクることもある(さすがに同じモノに同じことブツけるほどアホではないです)
人が話している内容だったり、その内容に反応している人の様子だったり。
人が見ている視線の先にあるものだったり、その人がなんでそれを見ちゃうのかだったり。
世の中には気付くと面白いものがいっぱいあって、それはいつかなんかの足しになる。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

iPhoneで過去のカレンダーが消える【解決策】

僕はスケジュールをiCalで管理し、iOS5のiCloudでiPhoneに同期しています。


まぁ便利に使わせてもらっているのですが、iPhoneで過去のスケジュールを見ようと思ったら.....


ない!


いや、あるんだけど一月前くらいのデータしかない。
先のデータは見られるのに、過去のカレンダー情報がきれいさっぱり消えてる。
ちなみに母艦のiCalにはきちんと残ってます。


え?なにこれ?


とネットを徘徊しまくり、なんとか解決しました。

単にデータ量を抑えるための設定なんですね。



▼以下、解決法です。


1.iTunesを設定する。

iTunes設定

iTunesの「情報」タブで、「iCalカレンダーを同期」の「イベントを同期する日数」に入っているチェックを外します。

○ポイント:iCloud任せ設定の場合はキャプチャのようにグレーになっていて操作を受け付けません。
そのため一度「iCalカレンダーを同期」にチェックし、「イベントを同期する日数」のチェックを外して、すぐに「iCalカレンダーを同期」のチェックを外します。(この間、iPhoneはケーブルもwifiもOFFにしとくと安全です)


2.iPhoneを設定する

iPhoneスケジュール設定

まずは設定画面を開き、「メール/連絡先/カレンダー」をタップ。


iPhoneスケジュール設定2

下にスクロールし、「カレンダー」項目の「同期」をタップし「全てのイベント」に変更します。


3.あとは同期するだけ
いつも通りの方法で同期しましょう。
そしたら、あら不思議!
ずっと前のスケジュールも見放題。
データ量も大した事無いし、見られる状態のほうが良い感じです。



iPhoneマスターの方からすれば「普通だろ?」ってなハナシかも知れませんが、iPhoneを使い始めて一年ほど。
さらにiCloudの仕組みが良く分からんとか、iOS5にバグが沢山とか聞くと「ぎゃ〜〜〜」となるのが初心者ってもんです。


いやぁ〜〜〜、最新の便利は難しいね。
と、IT屋の俺が嘆く(汗)





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

フリーランスと健康管理

フリーランスを続けていて忘れてしまう事。


「健康診断」


皆さん、健康診断していますか?

会社にお勤めしている時は定期的に健康診断のお知らせがあったと思いますが、独立するとまったくなくなるワケで、つい忘れてしまいますよね。



危険です。



「でも人間ドックは高いから....」



いやいや、血液検査だけでも。
血液検査だけなら保険適用で1000円くらいのもんです。
それで結構色々分かったりするもんです。


ちなみに僕。
元々アルコール性肝炎なるもので肝機能が落ちていたのですが、仕事での疲労と酒の疲れがドンと来たようです。

とにかく体が怠い。
家の中を歩くだけで疲れる。
動きたい気持ちとは逆に、体がついて来ない。


掛かり付けのお医者さんに「あのね。だるいの」と伝えた所....
「出張ピーク終わったよね?」
「じゃあ肝臓かもね」
と採血。
※今の家に越してきてから、全てこの病院に任せているのでデータが豊富です。




翌日の結果は↑

「ホテル日大とホテル帝京どっちがイイ?」

いやいや、それホテルじゃねぇよ(笑)


外出しない事、変化があったらすぐ知らせる事、薬をきちんと飲む事を約束して入院は免れる。


こーゆー事あるんですよ。マジで。


皆さん、健康診断は受けて下さいね。

「なんか怠いの」って言えば保険適用の検査も受けられますから。

まずは一歩踏み出して健康管理もしましょう。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

MacBookAirとOSX LIONを導入

今年、仕事マシンをMacBook13インチからMacBookProの15インチに換えました。



CPUはi7クアド、メモリは8G。

当然ですが処理能力は大幅に向上し、仕事がはかどるようになりました。


もうね作業マシンとしては完璧。


ただし問題が...............


デカくて重い!


普段会社には車で通勤しているので、それほど問題にはなりません。
ただね。僕は地方でのセミナー出張が多いんですょ。
1000kmほどの移動とかがザラです。
特に今年は10回とかとんでもない数です。(しかもまだ9回残ってます)
高知から飛行機で戻って、家に一泊して、翌日また飛行機で青森とかです。

これ15インチとか無理だろ、マジで(汗)


つーわけで、LIONが搭載された新型のMacBookAirが出たその日に買って来ましたよ!


MacBookAir 箱


えぇえぇ、通販とか待ってる場合じゃないのでヤマダ電機で現品です。
※来週は福岡出張なんです。


購入したのは11インチの128GBモデル。
メインはキーノートでスライドを映すだけなんで、128GBで足りるでしょう。

サンダーボルトでデータ転送中


おいこれワケわかんない位小さくて軽い!

MacBookProとMacBookAir


さぁさぁ、早速セットアップです。

サンダーボルト ターゲットディスクモード

データの転送はサンダーボルトにて。
初めてのデバイスですが、普通にT起動でターゲットディスクモード起動。
ちゃんとサンダーボルトのイメージが出てます。

サンダーボルトの転送速度

は!はやい!!!
その昔FireWireを初めて使った時のような感動。
※ただしサンダーボルトのケーブルが5000円近くした事はムカついてます(笑)


ちょっと身構えていたOSX LIONですが特に問題もなくスルスルとセットアップが進む。



んが!!!!!!


キーチェーンをユーザーライブラリからコピーしようとしたら、不可視フォルダになってる(汗)
おいこれどーすんの!?
キーチェーンなしとかやってらんないぜ?
移行ツール?いやいやProのデータが多すぎるから.....


にゅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

こーゆーときはGoogleに聞いてみよう。

クラウド脳だ!


Lionのユーザーライブラリフォルダを表示する方法

上記のサイトを参考にしたらあっさりライブラリを可視状態に出来ました!!
Optionキーを押しながら「移動」を押したらあっさりアクセス出来ましたよ。
詳細はリンク先サイトにて。

おかげで無事にキーチェーンもコピー完了。

必要なデータはサンダーボルトで快適移動。


不安でしたが、今まで使っていたアプリはほぼそのまま使えました。

使えなかったのは
・PowerMac時代から使っていたオムニグラフ
・パラレルズ3
その位。

オムニグラフはそんなに使ってないのでサクッと消えてもらう。
パラレルズはこの機会にアップグレード(4,500円)

adobeのCS3とかはちゃんと動いているので問題ナシ!


うむ、前評判より案外イイOSだぞ、これは。
悪くない。
動きもムニュムニュふわーんしててよりOSXっぽい(笑)


うん、問題無いね。


と思っていたら............
NASが使えねぇ.....

これだけはNAS側のファームウェアアップデートが出るまでなんともなりません。

NASがないと死亡な方は、OSのアップデートをちょいまちです。

僕はNASがないと死亡ですけどね(笑)
ファームウェアアップデートが出るまではパラレルズのWindowsからNASに接続します。



【総評】
・モバイルマシンとして11インチAirは小さい軽いマジヤバイ!最高!
・ハードな処理はやっぱMacBookProが速い。
・Airはとにかく起動が速い!
・NASだけは無理、気をつけろ!

NAS以外は特に不具合ないので、このままLIONで人柱検証を続けます〜〜〜。


MacBookAirセットアップ完了

15インチProと並べるとほんと小さいね。




さ、セミナーのスライド用意しなきゃ←こっちが本題なハズ(汗)






【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

ホームページのリニューアルというシゴト

今更ですが、僕はホームページのリニューアルというシゴトが本業です。


インターネットストラテジー
ホームページのリニューアル専門事務所:インターネットストラテジー


まぁ頼まれれば新規構築もしますし、コンサルティングもします。
声を掛けられれば講演もやりますし、執筆もします。
んでも、本業はホームページのリニューアルです。


なんでまたリニューアルが専門なのかと言うとですね。
ちょっと昔話も交えつつ....


僕が独立した当時は「とりあえずホームページ作れば儲かる」みたいなおかしなブーム全盛時代だったんですね。
で、依頼も「とりあえずナイスな感じでホームページとか言うの作ってよ」ってな感じです。
その当時から「投資する以上、売上に貢献しなければ意味がない」と声を大にして言ってきたのですが、これがまぁ伝わらない伝わらない(笑)

特に独立してすぐ[2003年]はSEOの大全盛期。
※SEOソリューションズという会社もやってましたが(汗

「とりあえずホームページを作れば儲かる」
「とにかく検索結果で上位の出れば儲かる」

そんなんばっかりでした。

当然ながらホームページを作れば儲かるワケでもないですし、検索上位にあれば儲かるってモンでもありません。

「アクセス数が少なくてもクライアントの売上に貢献すればOK」という言葉は当時のインチキな濁流みたいなものに押し流され、来る依頼は「とにかく検索で一位にしろ」ばかり。



なんだかすっかりイヤになって問い合わせのメールをシカトする日々。

「本気になれないものはやらん!」

そんな個人主義な事を言ってたら、会社もあっさり潰れました。




僕はそこから今の「ホームページリニューアル専門事務所」というシゴトに転向する事になります。
それは....


「それまでに作られたクソサイトは、改めてきちんとしたコンテンツを用意し、優良な見込み客を適切に誘導し顧客を増やし利益を得るべきだ」

「それには既存ホームページのリニューアルが必要だ」

ってな思いからです。


正直言えばSEOブームの一部を担ってしまった罪の意識も多少あります。


まぁそんなこんなで僕はSEOなんちゃならとかいう団体からたった2年で消え、2005年から20011年までの6年間をホームページのリニューアル専門屋として過ごす事になります。
それは今も変わりませんし、きっと今後も続けて行くと思います。



実際このシゴトをやってみて思ったのは「Web制作業の中で一番面白い!」です。

ホームページのリニューアルは、
・今までの利益貢献度
・リニューアルのコスト
・リニューアル後の利益貢献度
が全て数字で表れます。

これがもうハッキリキッパリしていて面白い!

売上に貢献すればクライアントから喜ばれますし、上手く行かなければ怒られます。

Webでこんなに白黒分かりやすい世界があったのか!
てな感じでのめり込みです。


ちなみにここ最近では、「いきなりドンのフルリニューアル」は請けません。
「何が問題かも分からずいきなりドン」はクライアントにあまりにもリスクが高すぎます。
なので、
「まずはきちんとアクセス解析を入れる事」から提案し「現在のボトルネック箇所を洗い出し少しづつ改修する」
「これならイケル!と双方で思えればフルリニューアル」
てな流れです。


俺はインチキなシゴトをしたくないし、クライアントに派手なギャンブルを打たせたくもない。

そんな感じで僕はクライアントのリスクを減らしつつ、じっくりとお付き合いをお願いしています。

で、あとは数字で白黒付けようじゃないの。と。



なんだか良くわからなくなって来たけど、僕はインチキナシで白黒ハッキリする「ホームページのリニューアル」というシゴトがとっても好きです。







【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

東日本大震災の影響につきまして

お客様・関係者各位


2011年3月11日午後2時46分ごろに発生した、三陸沖を震源とする国内観測史上最大のM9.0の巨大地震「東北地方太平洋沖地震」により、日本全体が甚大な被害に見舞われております。この地震と津波の影響により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けた方々に心からのお見舞いを申し上げます。


私どもインターネットストラテジーではこの地震による特別な被害はありません。
お預かりしているデータなども問題ありません。
心配してご連絡を頂いた皆様、ありがとうございました。

ですが、東京都市部では交通機関の大きな乱れにより移動が困難な状態であったり、電気供給への不安、電話が繋がりづらい状態が続いております。
よって連絡が取りづらい、ご依頼のデータを作成出来てもサーバへアクセスが出来ないなどの状況が想定されます。



私自身は元気ですが、このような外的要因により通常通りの対応が出来ない場合があります。
皆様のご理解とご協力を頂ければと思います。



最後に、皆様の無事をお祈り申し上げますとともに、被害にあわれた地域の一刻も早い復旧と経済の復興のため、節電・寄付をはじめとして、できうる限りの協力をさせて頂くことを、約束致します。



インターネットストラテジー代表
角掛 健志





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

実名だからスゴイ!Facebook!!(ゲンナリ

実名だからスゲェんだよ!
ユーザー数6億人だよ!
日本人だけでも200万人だよ!


ファンページ(現Facebookページ)を作成してバリバリ宣伝しようぜ!!


とにかくユーザー数が多いからね!




へぇ..........


じゃああれだろ?
浜崎あゆみがやってりゃ探したりも出来るワケだよな!


よし、検索だぜ!




上記画像は「浜崎あゆみ」を検索してみた結果。
いくら続きを見ても終わりがないので、相当数いる模様。


さすが世界中で愛される実名主義のSNS。
「浜崎あゆみ」という名前かつ同じ顔の人くらいなんぼでもいるらしい。
もちろん「綾波レイ」だってなんぼでもいる。

すげぇな、さすが最強のSNS。
同名かつそっくりな顔した人を探すのなんかワケねぇぜ!



ねぇ......改めて聞くけど、誰を相手にプロモーションするの?


FacebookがすごいSNSなのは良い。
別に文句ない。


ただ、現段階では中小零細企業がPR会社やらWeb屋やらに踊らされてFacebookに突撃するには早いと思う。
カネの無駄だからやめときなさい。


その手のサービスって現段階では動物実験の段階。
しかもいきなり動物実験。
サービス提供者は、それがどんな害を生もうが、クライアントが潰れようがしったこっちゃないから「スゲー」だけ連呼して売り込むんですよ。



とりあえず今はまだ待って下さい。

きちんと商売してれば後からでもちゃんと巻き返せますから。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

良い文章の書き方

昔から良く聞く事ですが、最近また耳にする事が多くなった「良い文章の書き方」

↓こんなん良く聞きますね。
・文章を書くのが難しい。
・文章は苦手だ。
・どう書いたらいいか分からない。
・文章とか向いてないんだよね。


ううむ。
子供が言うなら分かります。

良い大人。というか仕事をしている大人が「文章を書けない」というのはなかなか強烈ですね。
そんなんで仕事で扱う書類だのメールのやりとりだのどうしているのかと。
携帯メールやTwitterがいくら得意でも、発達しているのは100文字程度、しかもプライベートな文章なので、ビジネス文章ではなんの役にも立ちません。


なので、簡単な学習方法を書いて見ます。


文章が苦手な人に共通する事は、才能の問題なんかじゃありません。

「文章が苦手だ」と言う人達に共通しているのは、日常的に文章を書くクセがないんです
克服したい人は「日常的に文章を書くクセ」を付けて下さい。
それも不特定多数に向けて書く文章が良いです。

無料のBlogサービスなどを利用し、
「誰に」
「何を」
「どう感じて欲しいか」

の3点のみ気にしながら、定期的に書いて見て下さい。

内容は難しい事である必要はなく、自分の趣味でも単なる日記でもなんでも構いません。
インターネットを活用し不特定多数に発信する事が大事です。
出来れば本名が良いですね。
本名だとおかしな事を書くと恥ずかしいので。


人に見られる事を意識しながら、先ほどの3点。
「誰に」
「何を」
「どう感じて欲しいか」
これを考えながら文章を書くだけで、文章能力は飛躍的に向上します。

こんな事を一ヶ月くらい続けると今度は「なかなか要領を得ないなぁ....」なんて壁にぶつかるハズです。


そしたら本の出番ですよ!

文章の書き方なんて本は本屋に行けば山盛り売ってます。
「そんな事知ってるよ」「でも文章苦手だよ」な人は一ヶ月Blogを書いてから本屋に行って見て下さい。
以前と違って「今自分が読むべき本はこれだろう?」と当たりを付けられるようになっています。


人に見せるつもりで努力しているウチに、自分の弱点が明確になってくるんですねぇ。


「何が分からないか分からない」と「この辺りが良くわからない」じゃ全く違います。
辞書を引くときに「単語もわからず辞書を眺める」か「単語をベースに辞書を引く」くらいに違います。

ここで本を読んでポイントを学習する事で、あなたの文章は飛躍的に読みやすく面白くなるはずです。


なんとなく....で苦手がっていないで、まずはやってみましょう。
そして効率的かつ実戦的な方法を使いましょう。


「なんだか文章が苦手だ....」という皆さんへ、何かキッカケになれば。





【posted by 角掛 健志
ホームページのリニューアル専門事務所 インターネットストラテジー

プロフィール
お請け出来る業務内容
直近のエントリー
カテゴリー
リンク
コメント
トラックバック
スポンサード

Copyright (C) 2003-2010 インターネットストラテジー